導入事例

    2021.06.09

    生徒会選挙もネット投票の時代へ、茨城県の公立学校がスマホ投票できるシステム導入

    茨城県立並木中等学校は、生徒会選挙にインターネット投票を導入します。システムの導入を支援するxIDが2021年6月9日、発表しました。

     茨城県立並木中等学校は、茨城県つくば市にある中高一貫校。同校は2021年7月7日に実施する生徒会選挙で、高校1年生に相当する4年生を対象に、スマートフォンによるネット投票を行います。

     投票には「xID」というスマートフォン用アプリを利用します。本人認証や電子署名などの機能を備えるID管理アプリで、生徒はアプリを使って本人認証したのち、候補者を選択することで投票を終えられます。簡易な手順で、1~2分程度で投票を済ませられるといいます。
    図1:スマートフォンを使って投票の流れ

    図1:スマートフォンを使って投票の流れ

     なお生徒会選挙に先立ち、4年生を対象に事前学習も実施します。主権者教育、デジタルID・ブロックチェーンの活用、通信・5Gに関する授業を行います。アプリを提供するxIDは講師を派遣し、デジタルID・ブロックチェーンの活用の授業を担当します。

     こうした取り組みは、茨城県つくば市が掲げる「つくばスーパーサイエンスシティ構想」の一環によるもの。同市は公職選挙にインターネット投票を導入することを検討しており、若年層の政治参加促進を図ろうとしています。そこで学校教育も兼ね、生徒会選挙にインターネット投票を導入することにしました。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例