導入事例

    2021.07.14

    アスクル、人手不足解消や生産性向上を目的に物流センターに2種のロボットを導入

    アスクルは2021年7月14日、物流センターにロボットを導入したことを発表しました。センター内の労働環境改善を目的に、これまで人が従事していた工程にロボットを導入します。

     2種類のロボットを導入しました。1つはデパレタイズロボット。出荷するケース品を持ち上げ、コンベヤに投入するアーム型ロボットです。ケース品のコンベヤ投入を自動化することで、従業員の作業負担を低減します。従来は、従業員の手によって1日平均約,000箱をコンベヤに投入していました。今回、「ASKUL Logi PARK 横浜」に1台導入しました。
    図1:デパレタイズロボットは株式会社Mujinの製品

    図1:デパレタイズロボットは株式会社Mujinの製品

     もう1つは、自動棚搬送ロボット「Geek+ 「EVE P800R(AGV)」」。ロボットに商品棚を載せ、ピッキング担当者の場所まで運べるようにします。従来は、人が商品棚まで足を運び、ピッキングしていました。今回の導入により、人が商品棚まで移動するのが不要になり、作業負担を低減します。ピッキングの定点化により、生産性の倍増も見込まれます。また、商品棚に足を運ぶことがなくなり、商品棚を以前より密集して配置することが可能なため、収容在庫数の拡大にも寄与しました。今回、「ASKUL三芳センター」の棚搬送用として116台導入しました。なお、2019年から「ASKUL Value Center関西」にパレット搬送用ロボットとして10台のAGVを導入し、稼働しています。
    図2:Geek+ 「EVE P800R(AGV)」は株...

    図2:Geek+ 「EVE P800R(AGV)」は株式会社ギークプラスの製品

     同社はロボット導入により、庫内労働環境の改善に努めるとともに、庫内作業の生産性が上がるようDXを推進していく考えです。
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例