導入事例

    2021.06.25

    コマツ、建設現場のデジタルツイン構築基盤にAWSを採用

    コマツは、建設現場のDXを支援するソリューションの基盤にAWSを採用しました。AWSを提供するアマゾン ウェブ サービス ジャパンが2021年6月25日、発表しました。AWSのコンテナやデータベースなどの機能を活用し、日本や米国、欧州へのソリューションの展開を加速させます。

     コマツが提供する建設現場向けDX支援ソリューションの名称は、「デジタルトランスフォーメーション・スマートコンストラクション」。これは、建設生産プロセスをつなぎ、プロセスに関わるすべてのデータを見える化するソリューションです。今回、ソリューションの基盤にAWSを採用し、国内外の開発者がクラウドで連携し、迅速に開発を進められるようにしました。

     具体的にどんな用途を想定するのか。例えば、ソリューションの機能の1つである「SMART CONSTRUCTION Dashboard」を使えば、AWSを利用して建設現場のデジタルツインを構築できます。ドローンで測量した建造物や樹木などを取り除いた地表面を示す3D地形データに、ICT建機やドローンからの施工進捗データをつないで視覚的に確認することができます。このデジタルツイン上に、Amazon Elastic Container Service(Amazon ECS)などを使って完成地形設計データを重ね合わせることも可能です。これにより、コマツの顧客は生産性の高い施工計画の立案、土砂の運搬に求められるダンプトラックの走行経路を最適化するなどのメリットを見込めます。

     なお、同社はAWSを使って従来型の建設機械をICT建機化できる「SMART CONSTRUCTION Retrofit」も提供しています。SMART CONSTRUCTION Retrofitを使うことで建設機械のオペレーターは、専用モニタやスマートフォンやタブレットを使い、リアルタイムに施工状況が反映される3D地形データを見ながら、自立した土木作業を実施できます。どこからでも施工の進捗を管理できるため、監督者が作業員への作業の割り当てをリアルタイムに調整することも可能です。

     同社は今後、機械学習を含む先進的なAWSのサービスの活用や、世界各地のAWSのパートナー、エンジニアのコミュニティと連携し、施工方法を革新していく考えです。一方、アマゾン ウェブ サービス ジャパンもコマツのソリューション提供を通じて生産性と安全性向上を支援し、ビジネスの継続的な変革を支援していく考えです。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例