導入事例

    2021.06.07

    小田急不動産と小田急ハウジング、マンション居住者からの問い合わせに自動解答するAI搭載サービス

    小田急不動産と小田急ハウジングは2021年6月7日、マンションの居住者向けにAIを活用した管理サービス「ODA LAVI(オダラビ)」を導入しました。まずは小田急不動産が2021年7月下旬から販売を開始する予定の新築分譲マンションでサービスを提供します。

     「ODA LAVI」は、居住者からの問い合せや相談に多言語で応対するシステム。言語は日本語のほか、英語、中国語、韓国語に対応する予定です。

     居住者はスマートフォン用アプリを通して、いつでも管理に関すて問い合わせできます。例えば、「ごみ出しのルールについて確認したい」「共用部のWi-Fiの利用方法を知りたい」「管理組合の総会議事録を確認したい」「敷地内駐車場の利用申し込みがしたい」などをスマートフォン経由で質問することが可能です。管理会社へ伝言を出すこともできます。
    図1:「ODA LAVI」の画面イメージ

    図1:「ODA LAVI」の画面イメージ

     スマートフォンの保有率が高まったことに加え、マンション管理員の人手不足、コロナ禍の非対面での受付業務が求められるようになったことなどを受け、小田急不動産と小田急ハウジングはシステムの導入を決めました。

     まずは東京都内の新築分譲マンションでサービスを開始します。さらに、現在販売中で2022年7月引渡し予定の都内新築分譲マンションにも導入予定です。今後自社で分譲予定の新築マンションにもサービスを展開する計画です。小田急ハウジングは、管理業務を受託しているマンションにも順次、サービスの提案を管理組合向けに実施し、導入を進めていく考えです。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例