導入事例

    2021.06.15

    リゾートトラスト、データ化した請求書などをERPから呼び出せる仕組みを構築

    リゾートトラストは、請求書や領収書をデータ化して管理・運用するソリューションを導入しました。ペーパーレス化によって業務効率を改善します。ソリューションの導入を支援したウイングアーク1stが2021年6月14日、発表しました。

     リゾートトラストが導入したソリューションは、ウイングアーク1stのドキュメント管理ソリューション「SPA」。AI OCRを使って紙の書類をテキスト化して読み込んだり、他のシステムと連携して保管済データを活用したりできます。

     同社ではこれまで、紙の請求書や領収書の管理業務が大きな負担となっていました。税務調査の際には、領収書の原本を集めるために社外の倉庫まで出向かなければならず、作業に丸1日を費やしていました。

     そこで、電子帳簿保存法の改正も受け、請求書や領収書などの帳票のペーパーレス化を検討。「SPA」を導入することにしました。同社はERPパッケージ「ProActive」を使っており、「ProActive」からシームレス、かつワンクリックで電子帳票を管理できる仕組みが導入の決め手となりました。

     2019年1月から経理部でトライアル利用を開始。現在は全社に導入、運用が定着しています。なお、「ProActive」は全部門で約3000名が使っており、各業務部門の担当者は「ProActive」で違和感なく電子帳票を確認できるようになっています。税務調査の際は、「ProActive」から必要な電子帳票を簡単に検索・閲覧することもできます。

     リゾートトラストは今後、ペーパーレス化による業務効率化から生み出された時間を、データ分析などの付加価値の高い業務に割り当てる考えです。各施設における顧客サービス向上に振り向け、持続的成長を実現する経営体質の強化を目指します。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例