導入事例

    2021.07.09

    住民向けサイトを刷新し、施設予約後のカギの受け渡しを不要にするスマートロック導入

    フォーシーカンパニーは会員向けポータルサイト「彩都NAVI」を刷新しました。サイトで施設を予約すると、スマートフォンで施設の解錠施錠をできるようにしました。システム導入を支援する ビットキーが2021年7月8日、発表しました。

     「彩都NAVI」は、大阪府茨木市の彩都エリアの住民専用サイト。地域情報やコミュニケーション、サークルの募集、施設の予約受付などを一元化しています。今回新たに、スマートフォンに対応したほか、サイト上で予約した施設をスマートフォンで解錠施錠できるようにしました。 スマートフォンアプリにワンタイムパスを発行することで、非対面/非接触で鍵を受け取ることができます。従来はマンション管理員が予約者に鍵を対面で渡していました。

     ビットキーが提供する「homehub」を導入することで可能にします。「homehub」は、共用施設への顔認証スマートロックや、住居部へのスマートロックなどを可能にするプラットフォームサービス。生活の利便性を向上するサービスと連携する基盤としての役割を担います。
    図1:リニューアルした「彩都NAVI」の画面例

    図1:リニューアルした「彩都NAVI」の画面例

     自分が予約した施設をサイトで確認する機能も追加しました。「彩都NAVI」の掲示版で予約した施設を確認できるほか、予約時間の15分前に通知が届くようにしました。「彩都NAVI」閲覧時に必要なIDとパスワードの発行を、郵送からSMS通知に切り替え、利便性も向上させました。

     「彩都NAVI」は今後、アプリ化や外部サービスとの連携、施設利用料のキャッシュレス化などを予定します。将来的には行政システム、モビリティ、メディカル、金融システムなどと連携し、より安心・便利なスマートシティを支える基盤になることも視野に入れいます。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例