市場動向

    2021.06.29

    PTCジャパンとNSW、ARやPLMをつなぐIoTプラットフォーム構築へ

    米PTCの日本法人で、CADやIoT開発プラットフォームなどのソリューションを展開するPTCジャパン(以下、PTC)は2021年6月28日、建設業界での新しいビジネスモデル構築の支援に向けて、日本システムウエア(NSW)と協業すると発表しました。建設業界に適したソリューションの選定と、管理システムやオペレーションの高度化によって、企業に特化したIoTプラットフォームを提供します。そして、それを基盤とした新しいビジネスモデルを構築します。

     建設業界では、就業者の高齢化や、高度な技術を備えた技能就労者の減少などによる、深刻な労働力不足が課題となっています。国土交通省では、そのような課題に対応するために、「i-Construction」(アイ・コンストラクション)の取り組みを進めています。

     i-Constructionは、ICT(情報通信技術)の全面的な活用による「ICT土工」などの施策を建設現場に導入することで、魅力ある建設現場を目指す施策です。建設プロセス全体の生産性と効率の向上を図るため、デジタルやICTの積極的な導入を推進しています。

     今回の協業でPTCとNSWの両社は、AR(拡張現実)やPLM(製品ライフサイクル管理)をつないだIoTプラットフォームを用いて、以下のような業務を連携させます。

    ・企画
    ・設計
    ・施工
    ・管理
    ・保守

     そして、それぞれの領域のデータの管理や可視化、分析などを行う「デジタルツイン」の環境を整備し、i-Constructionの仕組みを支えていきます。つまり、現実の物理空間のデータを活用し、そのままそっくりのデータを、デジタル空間で「デジタルツイン」として環境再現する方法です。

     今回の協業では、PTCによる以下の製品を利用し、NSWとの連携によってデジタルツイン環境を構築します。

    ・産業IoTプラットフォーム「ThingWorx」
    建物の維持管理、作業員の健康や業務の管理、竣工状態の分析と、将来の予測などを可視化

    ・ARソリューション開発プラットフォーム「Vuforia」
    建設業務の設計や、現場での測量、設計3Dデータの整合など

    ・製品ライフサイクル管理ソフトウェア「Windchill PLM」
    概算費用の記録、調達計画、原価企画の管理、施工計画/工程までを含む、各種データの一元管理

     デジタル構築を強みとするNSWは、建設業界向けソリューションとして、以下のような幅広い分野のサービスを提供しています。

    ・IoTプラットフォーム「ThingWorx」を活用したIoT
    ・音声認識による100%ハンズフリーの産業用スマートグラス(RealWear社製)「HMT-1」
    ・BIM(Building Information Modeling)関連製品
    ・AIを活用した画像解析

     また、BIMとIoTを融合したソリューションなどの提供により、業務のデジタル化を推進し、人手不足や技術継承などの課題解決をサポートしています。これらのノウハウをベースに、建設業界に特化したソリューションを開発します。そして、企業のDXの推進に取り組みます。

     今後、両社は、デジタルツインの環境を提供するとともに、建設業界で注目されている施設や建物の維持、保守業務など、継続した収益を見込む新しいビジネスモデルの構築を支援します。ユーザーとなる建設会社は、業務プロセスを包括的に捉え、一気通貫したデータを管理することが可能です。それにより、生産性と効率性を向上させ、従来の建設事業から、保守サービス型ビジネスモデルへの迅速な拡充を支援します。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向