市場動向

    2021.06.12

    ONE COMPATH、家事代行比較サイトの掲載情報拡充を発表

    ONE COMPATH(ワン・コンパス)は2021年2月、家事代行サービスに関する意識調査を実施しました。その結果をもとに同社は2021年6月9日、家事代行比較サービス「カジドレ」に掲載する情報量を拡充したことを発表しました。料金や作業内容、スタッフの紹介などの詳細情報を掲載できるようにし、利用者が家事代行サービスをより身近に感じられるようにします。

     家事代行比較サービスの「カジドレ」では、利用者の住む地域に対応した家事代行サービスとハウスクリーニングの店舗を検索できます。居住のエリアを指定すると、対応している家事代行事業者の一覧が表示され、以下のような情報を閲覧できます。

    ・各事業者の所在地と対応エリア
    ・利用料金
    ・支払い方法
    ・サービス情報(「洗濯代行」「買い物代行」「水回りクリーニング」など)

     また、次のような機能も利用できます。

    ・複数の事業者を一度に比較できる比較リスト機能
    ・申し込み機能
    ・口コミ、評価の投稿機能(要会員登録)

     発表日時点で全国およそ40社の家事代行サービス・ハウスクリーニング事業者が掲載されています。
    図1:家事代行サービスの比較検討サイト「カジドレ」の紹...

    図1:家事代行サービスの比較検討サイト「カジドレ」の紹介イメージ

     ONE COMPATHでは2021年2月5日~2月8日の期間で、家事代行サービスに関する意識調査を実施しました。調査はインターネット調査で、全国の仕事をしている30~40代の男女を対象に行われ、545名の有効回答数を得ました。

     家事代行サービスの利用にあたって、障壁や、不安に感じている点について聞いたところ、以下のような回答が上位を占めました。

    ・「料金が高いと感じる」:39.1%
    ・「セキュリティ面や他人が家に入ることへの抵抗感」:31.0%
    ・「品質、契約や利用方法、どの業者がいいかが分からない」:14.7%

     結果、「サービス内容に対していくら料金がかかるのか」、「どんな人が家に来るのか」といった、“見えないことへの不安”が利用のハードルになっていると分かりました。
    図2:「家事代行サービスの利用にあたり障壁や不安に感じ...

    図2:「家事代行サービスの利用にあたり障壁や不安に感じている点」(ONE COMPATH調べ)

     これを受け「カジドレ」では、サービス代行事業者が、①料金、②作業内容、③スタッフ紹介、という3つのカテゴリ情報を掲載できるようにしました。

    ①料金:「作業内容に対して金額がいくらかかるのか」「どんなプランがあるのか」など、細かな料金プラン。
    ②作業内容:「実際にどんな作業をしているのか」、例えば、サービスを依頼した前後の変化の写真など。
    ③スタッフ紹介:事業者に所属するスタッフの紹介ページ。

     スタッフ紹介のページでは、顔写真・実務経験年数・ひとことを掲載することで、スタッフの人柄など、より具体的なイメージを持てるようになっています。情報拡充により、利用者の心理的なハードルを軽減し、家事代行サービスをさらに身近に感じられるように目指します。
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向