新製品・サービス

    2021.06.14

    ジールなど、需要予測や在庫適正化などを支援する製造業向けAIソリューションを共同開発

    アバントグループのジールは2021年6月11日、製造業向けのAIソリューションを開発することを発表しました。ウイングアーク1st、データブリックス・ジャパンと共同で開発を進めます。

     ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」と、データブリックスのAIや機械学習を組み合わせ、需要予測や予知保全・在庫適正化を容易に実現するソリューションの開発を目指します。これまでAIやディープラーニングなどの先端技術の活用が難しかった製造業向けに提供します。
    図1:3社が開発を進めるソリューションのイメージ

    図1:3社が開発を進めるソリューションのイメージ

     3社は今後、製造業向けのサービス開発・マーケティング活動・提案活動を共同で実施する予定です。製造業の生産量適正化、部品・原材料適正化、品質維持などの課題を持つ顧客の支援に乗り出します。

     3社は具体的に次の4つに注力し、実現させていく考えです。

    ・市場データを用いた需要予測からの生産計画最適化
    市場トレンドなどの外部データと、ユーザー企業の販売データなどを利用し、適切な販売量を予測する事で、生産数量の最適化を実現

    ・部品・原材料在庫管理、調達業務の適正化・効率化
    生産計画、完成品在庫数、部品・原材料在庫、仕入れリードタイムなどのデータを利用し、適切な部品・原材料在庫数と仕入れタイミングを予測する事で、欠品の減少・在庫回転率最大化と業務効率化を実現

    ・生産設備の故障予測からの設備停止時間削減
    温度や湿度、設備稼働時系列、アラート信号などのデータをAI学習させ故障予測をし、生産設備の停止時間の減少を実現

    ・AI画像認識技術を用いた自動検品
    製品不良の検品作業を、AI画像認識技術を利用し自動化をする事で、経験差によるバラツキを減少すると共に、困難な技能伝承からの解放を実現
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス