新製品・サービス

    2021.07.09

    ピアズ、小売業のDX推進を支援するソリューション情報サイトをオープン

    ピアズは2021年7月8日、小売業のDX推進を支援する情報サイト「リテールテックプラットフォーム」を発表しました。無人店舗やモバイルオーダーなどを可能にする20種以上のソリューションを掲載し、DXを検討する企業向けにツールの機能や使い方を紹介します。

     「リテールテックプラットフォーム」は小売・サービス業向けのソリューションを紹介するサイト。国内外の20種以上のソリューションのスペックや機能などをまとめています。「当社がソリューションを実際に使用し、公平な視点で評価した。どのソリューションを使えばいいのか分からない企業でも、ツールを公平に選定できるよう配慮した」(ピアズ 取締役 リテールテックプラットフォーム事業責任者 二階堂京介氏)といいます。ソリューションごとに機能や効果、利用フロー、利用イメージを掲載し、他のソリューションと比較検討しやすくなっています。なお、紹介するソリューションは今後、増やしていく予定です。
    図1:記者向け発表会に登壇したピアズ 取締役 リテール...

    図1:記者向け発表会に登壇したピアズ 取締役 リテールテックプラットフォーム事業責任者 二階堂京介氏

     カテゴリ、業種、テーマ別にソリューションを絞り込むこともできます。カテゴリには「無人店舗」「ストアロボット」「体験型店舗」「スマートロッカー」「スマートカート」「モバイルオーダー」「オンライン接客」「データ分析」「店舗管理」「在庫管理を用意。サイト上でアイコンをクリックすると、関連するソリューションを検索できます。

     なお、業種は「アパレル・雑貨」「コンビニエンスストア」「スーパーマーケット」「ドラッグストア」「ホームセンター」「家電大型専門店」「飲食業」「サービス業」の8つ。テーマは「省人化・効率化」「CS向上」「顧客数増加」「客単価向上」の4つを用意します。

     サイトにはソリューション紹介のほかに最新記事も掲載します。「週に2~3回の頻度で、リテール業界の動向や最新事業など掲載していく予定。有識者による価値ある情報を提供する」(同氏)といいます。

     一方、ソリューションを紹介するだけでは、使いこなせないケースもあります。そこで同社は導入を支援するサービスも提供します。ソリューションに合わせた新しいオペレーションの構築、現場課題の洗い出しと解決策の提示など、ソリューションを使いこなす環境づくりも支援します。「店舗の現場に精通するコンサルタントが課題の共有から導入後のサポートまで支援する。ワンストップで導入を支援する体制と、リテール業界へのこれまでの導入実績こそ当社の強みである」(ピアズ 代表取締役 桑野隆司氏)と強調します。
    図2:ピアズ 代表取締役 桑野隆司氏。リテール業界の現...

    図2:ピアズ 代表取締役 桑野隆司氏。リテール業界の現状や自社の今後の展望などを述べた

     同社は2年間で5000店舗へのソリューション導入を目標に掲げます。
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス