新製品・サービス

    2021.06.02

    newR、根拠を持って似合う服装を提案できるようにするアパレル販売員向け研修サービスを提供

    newRは2021年6月1日、百貨店やアパレルブランドの販売員向けの研修サービスを提供することを発表しました。個人ごとに似合うファッションを探し出す分析サービス「newRパーソナル分析」のノウハウを研修メニュー化して提供します。販売員が来店者に対し、「長く着たくなる」服装を提案できるようにします。

     「newRパーソナル分析」は、顔や全身の写真情報をもとに、ユーザーの「自分に似合う」服装やアイテムを可視化するサービス。百貨店などの販売員が 「newRパーソナル分析」に基づく研修サービスを活用することで、顧客に「似合う」を提案する際の根拠を明確に持てるようになります。提案される顧客も、流行や趣味に偏らない服装などを探しやすくなります。

     今回提供する研修サービスでは、分析手法のほか、来店者への個別の声掛け例などを学びます。受講者は来店者に対し、提案する服装が似合う理由を根拠を持って説明できるようになります。

     研修サービスは1回2時間、全5回のオンラインプログラム。アイテム分析、顔立ち分析、色分析、総合分析のほか、自習課題を提供します。講師は同社代表の中川かおり氏が務めます。研修目的に応じて研修内容をカスタマイズすることも可能です。
    図1:研修サービスのイメージ

    図1:研修サービスのイメージ

     なお研修サービスの先行事例として、伊勢丹新宿店の子供服フロアの販売員12人が2020年11月から2021年2月まで研修サービスを利用しています。受講生の中には「これまで感覚で提案していたが、根拠を理解したことで自信を持って提案できるようになった」などの評価を得られたといいます。

     同社は今後、研修サービスを強化し、百貨店やアパレルブランド、セレクトショップの販売員向けにサービスを広く提供していく考えです。大量生産・大量廃棄といったアパレル業界固有の課題解消に向け、「1着の服をより長く着る」ための取り組みを推進します。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス