新製品・サービス

    2021.05.26

    バルテック、店舗などの入退室を無人管理するソリューション発表

    ITソリューションやレンタルオフィス事業を展開するバルテックは2021年5月25日、スマートロックや入場ゲートを利用した店舗の無人化ソリューションの提供を開始しました。 キャッシュレス精算機や受付システムなど、ニーズに合わせたシステムとの連携により業務改善・コスト削減を支援し、フィットネスジムなど店舗経営のDX化を推進します。

     店舗を無人化しようとする場合、スマートロック、予約システム、入退場ゲート、キャッシュレス精算機などをそれぞれ別々のメーカーに依頼して揃えると、管理の手間や導入コストが増えてしまいます。今回、同社が提供する店舗無人化ソリューションでは、1社のシステムにすべてが含まれるため、管理維持の手間、コストを大幅に低減することが可能です。
    図1:店舗無人化システムのイメージ

    図1:店舗無人化システムのイメージ

     今回の店舗無人化システムには、以下が含まれます。

    【「スマートロック」システム】
     スマートフォンで、予約から解錠までを行えます。Web上の予約サイトから、日時やブースを指定して予約すると、QRコードが発行されます。発行されたQRコードを、スマートロックと連動した入室用アプリにかざすと自動で解錠できます。予約履歴は管理画面から確認でき、時間単位での課金やクレジット決済も可能です。

    【「入退場ゲート」システム】
     ゲート前にキャッシュレス精算機を設置し、入場券購入後にリストバンドを発行します。そのリストバンドをかざすことで入場が可能な入退場ゲートです。延長時間が発生した場合にはエラーを知らせ、追加料金を精算すると解錠します。2人以上の同時入退場は検知し、不正な入退場を防止します。
    図2:入退場ゲート

    図2:入退場ゲート

     上記に加えて、多様なニーズに合わせたシステムとの連携も可能です。

    【キャッシュレス精算機】
     リストバンド発行や物販、飲食店において、クレジットカード・電子マネーでの支払いが可能なキャッシュレス精算機を設置します。自動釣銭機と連動させることで現金支払いにも対応します。利用用途に応じたカスタマイズも可能です。

    【受付システム】
     レンタルオフィスやシェアオフィスなどのエントランスから、直接、訪問先スマートフォンへ内線連絡を入れることができます。フレキシブルオフィスの入居者呼び出しなどに活用でき、受付や取り次ぎのスタッフが不要になります。

     店舗無人化のメリットとして、以下が挙げられています。

    ・書類の作成や入会の受付、カード発行や電話対応などの事務作業を簡略化。それらのバックオフィス業務の自動化によって、顧客サービスの質を高め、顧客満足度を向上させるための活動に時間を活用可能
    ・受付スタッフの人件費などのコストを削減。また、スタッフの電話対応や、会員カード・鍵などの発行にかかる負担を軽減し、紛失防止のほか、管理者のテレワークにも対応
    ・無人運営のシステムを利用することで、省コストで24時間の営業が可能。セルフジムやエステ・脱毛サロンなど、24時間営業の店舗で他店舗との差別化を図ることで、新規顧客の獲得など、顧客層の拡大も可能

     店舗無人化システム対応業種の例として、以下が挙げられています。

    ・24時間セルフジム
    ・セルフ型ゴルフスタジオ
    ・時間貸スペース
    ・シェアサロン
    ・セルフホワイトニング
    ・セルフエステ
    ・脱毛
    ・アミューズメント
    ・レッスンスタジオ
    ・シェアオフィスコワーキング など
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス