新製品・サービス

    2021.06.22

    東急など、会員管理や決済、マーケ機能を備える商業施設向けアプリを提供

    東急、NTTデータ、イーストは2021年6月21日、商業施設やショップ向けの決済・販促アプリを発表しました。同年6月より提供を開始します。

     3社が提供するスマートフォン用アプリは、東急とNTTデータが提供する決済・販促ソリューション「.pay(ドットペイ)」を、イーストが提供するフォーマットアプリに組み込んだもの。必要な機能をあらかじめフォーマットされた中から選択するだけで利用を開始できるのが特徴です。独自の自社決済やポイント機能を付加したアプリを500万円から導入できます。


     顧客の購買データを分析・把握する機能も備えます。会員管理とマーケティングの機能を備え、会員ランクに応じて優待特典を付与するといった使い方が可能です。独自ポイントは、商品を購入した時点でリアルタイムに付与するため、アプリ会員の商業施設内の買い回りを促す効果も見込めます。また、単価をアップさせるなど独自のマーケティングに特化した機能も搭載します。
    図1:アプリの画面例

    図1:アプリの画面例

     主な機能は次の通りです。

    ・会員管理
     会員へのプロモーションなどの販促施策が随時可能

    ・マーケティング
     決済データ・販促データを即座に分析
     独自ポイントの導入。ポイントはリアルタイムに付与し、直接還元も可能

    ・決済
     非接触のクレジット決済、決済と連動したクーポンを利用可能

     2021年秋に第一号として東京都内の商業施設に導入します。3社は2025年3月末までに数十社への導入目標を掲げます。

     東急とNTTデータは今後、「.pay」を通じ、クーポンやポイント利用などの販促機能を拡充し、顧客や店舗スタッフにとって利便性の高いサービス提供を目指す考えです。イーストは、フォーマットアプリの安価かつ短納期での導入を支援していきます。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス