DX 最新ニュース

    2021.04.16

    インフォマティクス、MRを使って建設現場の作業を効率化するソフトなどを発表

    インフォマティクスは2021年4月15日、MR用ソフト「GyroEye」の新版とソリューション「XRoss野帳」を発表しました。建設現場での利用を想定し、MRを使って施工や生産性向上を支援できるようにします。

     「GyroEye」は、Microsoft HoloLensやiOS端末を使って複合現実や拡張現実を体験できるソフトウエア。2018年1月に提供を開始し、現在までに120社超の企業が導入しています。

     新版では、資料をARで確認できる添付ファイル機能、MR用データを直感的に配置・移動できるダイレクト調整機能を追加しました。読み込むデータを選択しやすくするQRコード参照、遠隔検査に有用なリモートツールのWebブラウザ化などの機能も強化・改良しています。

     「XRoss野帳」は、現場に行かずに現場を確認できる遠隔臨場、構造物などの異常を調べる変状調査用のMRソリューション。Microsoft HoloLens 2とPCなどのブラウザが連携し、映像や図面、帳票を確認することができます。建設現場の図面と実際の映像をシンクロさせたり、デジタルメジャーを使って実際の長さや奥行きを計測したりといった用途に使います。構造物の変状をHoloLens越しに記録すると、図面やリストに自動集計する仕組みも装備します。

     なお、遠隔臨場の技術は、国土交通省が実施する「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」(通称PRISM)で実証し、遠隔臨場の成果を上げられたのを受けて製品化したものです。

     「GyroEye」の新版の出荷は2021年4月20日から、XRoss野帳の出荷は20215月19日の予定です。

     同社は建設現場を中心としたDXを進めていく考えです。建築、土木の新設現場だけでなく、既存建物や社会インフラなどの維持管理の現場で活用するシステム開発も目指します。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX 最新ニュース