DX 最新ニュース

    2021.03.08

    キリンHD、新卒採用の応募動画の選考にAIを活用する実証実験開始

    キリンホールディングスは2021年3月5日、新卒採用の応募動画をAIで解析する実証実験を開始すると発表しました。2022年卒の新卒採用の選考に導入します。HR Techのスタートアップ企業であるZENKIGENと共同で実施します。

     新型コロナウイルス感染症の影響でオンライン選考が主流になる中、キリンホールディングスでは応募者数の増加や人材の見極めに時間がかかるなどの問題が顕在化しています。評価者の技量や経験則による人材の見極めも難しくなりつつあります。

     そこで同社は、ZENKIGENが提供する動画解析AI「harutakaエントリーファインダー」を導入。応募者のエントリー動画を解析することにしました。応募者の顔や表情、声などをAIで定量化し、選考指標の1つにします。これにより評価のブレが減り、評価精度が向上するかどうかを検証します。

     AIの活用により、エントリーシートやエントリー動画の選考にかける時間を約3割削減します。空いた時間を、応募者一人ひとりの選考時間を増やしたり、交流会やセミナー、面談などといった双方向のコミュニケーション機会の創出につなげたりする考えです。

     なお検証対象は、2022年卒新卒採用の応募者のうち、事前に許諾した人に限ります。また、実際の選考過程において解析結果を合否判定に利用することはありません。

     キリングループでは2019年、長期経営構想である「キリングループ・ビジョン2027」を策定し、その中の「イノベーションを実現する組織能力」の1つとして「価値創造を加速するICT」を掲げています。採用活動でも今回の実証実験のような取り組みを推進させ、応募者の理解度や満足度を高められるようにしていく考えです。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX 最新ニュース