DX 最新ニュース

    2021.04.26

    TDSE、製造業向けデータサイエンティスト育成講座を開始

    テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(TDSE)は2021年4月21日、製造業を対象としたデータ分析研修の提供を開始しました。データサイエンティスト不足が叫ばれる中、研修を通してデータを分析できる人材の育成を支援します。

     同社はさまざまな研修用コンテンツを提供する会社。データ分析担当者のほか、AIプロジェクトマネージャー、AI活用を推進する経営層など向けのコンテンツを用意します。
    図1:研修メニュー

    図1:研修メニュー

    via https
     中でもデータサイエンティストの育成用コンテンツは、段階に応じた研修内容を用意。企業のレベルに応じた技術を習得できるようにしています。

    1. データ分析基礎研修
    2. 必要スキル定義
    3. 専門スキル取得 e-Learning+個別研修
    4. データ分析実践研修
    5. OJT

     4の「データ分析実践研修」は、実際の分析業務を疑似的に実施できる体験型の研修となっているのが特徴です。分析のステップごとに同社のデータサイエンティストがフィードバックやアドバイスを行い、受講者が自立して分析業務を遂行できるように支援します。

     実際にデータ分析を行う際には、分析プロセスを理解するだけでなく、分析結果を実務に接続できるよう分析報告書を作成していく必要もあります。研修ではそれら一連のプロセスも体験します。これにより、データ分析によって業務を改善できるデータサイエンティストになれるようにします。
    図2:データサイエンティスト育成講座のステップ

    図2:データサイエンティスト育成講座のステップ

    via https
     同社は今回、製造業向けのデータ分析実践研修を提供開始します。ここでは、金属板外観検査の自動化がテーマとして取り扱われます。AI活用やスマートファクトリー化へのニーズに対応し、より現実に近いデータとシナリオを使用しながら、製造業界ならではの分析観点を体験できる内容にしています。

     同社は今後も各種ニーズに対応し、研修メニューの多様化を図っていく予定です。データ分析実践研修についても、小売・流通版をはじめ、他業界向けのリリースを計画しています。
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX 最新ニュース