導入事例

    2021.09.27

    会津バス、位置情報を活用し高速バスの到着時刻をリアルタイムに予測するサービス

    会津乗合自動車とみちのりホールディングスは2021年9月24日、高速バス利用者向けの到着時刻予測サービスを発表しました。道路混雑や天候などにより変動する高速バスの到着時刻を、道路混雑状況などを加味してリアルタイムに予測します。

     到着時刻予測サービスは、HERE Technologies社の位置情報技術を活用し、バスの現在位置などをもとに正確な到着時刻を予測します。UIやUXを考慮し、高速バスを初めて利用する人でも乗車バス停名の入力などの操作を分かりやすくしています。
    図1:サービスの画面イメージ

    図1:サービスの画面イメージ

     サービスを利用するには具体的に、高速バスに乗車後、前の座席の後背部にあるQRコードを読み取ってサービスに接続します。乗車便の降車可能な停留所が表示され、降車予定の停留所を選ぶと、リアルタイムに到着予測時刻が表示されます。降車予定の停留所の変更も可能です。地図上で車両位置や運行経路も確認できます。到着時刻を社外の知人などと共有するといった機能も備えます。
    図2:サービスの利用方法

    図2:サービスの利用方法

     サービスを利用できる路線は、会津若松~郡山~いわき線と、会津若松~仙台線で、2021年9月25日より開始します。今後は利用者の声を集めながら対象路線の拡大を検討します。
    図3:サービスの提供路線

    図3:サービスの提供路線

     みちのりホールディングスはグループとして今後、サービスの機能拡張を進める考えです。例えば、コロナ禍で心配になる車内の混雑情報を乗車前に確認できることを検討します。そのほか、デザインの色味の統一や、周囲への光漏れが気になる状況でも気兼ねなく使えるダークモードに対応など、安全や快適性、利便性の改善を進める予定です。
    7 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例