導入事例

    2021.11.17

    ダイエーが健康支援アプリを全195店舗に導入、来店者の購買履歴と栄養の偏りを紐づけ店舗サービス強化を目指す

    ダイエーは、全195店舗に、購買履歴や食事管理などが可能なアプリ「「SIRU+(シルタス)」を導入します。2019年3月より導入を段階的に開始し、これまで導入済の31店舗に加え、新たに164店舗を追加。11月24日より全195店舗に導入します。導入を支援するシルタスが2021年11月16日、発表しました。

     ダイエーが全店に導入した「SIRU+」は、ポイントカードなどに紐づく購買履歴から栄養の偏りを可視化、栄養バランスが整う食材やレシピをオススメするスマートフォン用アプリです。繰り返し利用することで、食の好みをアプリが機械学習し、個人の食生活に合わせて最適な買い物を提案します。日常生活の一部である買い物から健康的な食生活を目指す「頑張らないヘルスケアアプリ」です。
    図1:アプリ「SIRU+」の画面イメージ

    図1:アプリ「SIRU+」の画面イメージ

     ダイエーでは「SIRU+」をより活用するため、11月24日よりダイエー全195店舗に導入することを決めました。
    図2:ダイエーが新たにアプリを導入した店舗

    図2:ダイエーが新たにアプリを導入した店舗

     なお、SIRU+ユーザーかつ、ダイエーの店舗で買い物をしているユーザー約700名を対象に実施した調査では、不足しやすい栄養素や充足しやすい栄養素など、ビタミンA、ビタミンD、たんぱく質が不足している人が多いという傾向が見られました。ダイエーはこうした傾向を、来店者向けのサービス強化などに役立てるようにします。
    図3:栄養の偏りを調査した結果に基づき、アプリでおすす...

    図3:栄養の偏りを調査した結果に基づき、アプリでおすすめ商品を提案

    6 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例