導入事例

    2021.08.17

    中央タクシー、電話予約時にタクシーのルートと運賃が分かるサービス導入

    長野県にある中央タクシーは、タクシー予約の電話口で運賃を提示するシステムを導入しました。システムを提供する電脳交通が2021年8月17日に発表しました。同年8月18日より利用を開始します。

     中央タクシーが導入したのは、タクシー配車システム「電脳交通」の「電話配車による事前確定運賃サービス機能」。乗客が電話でタクシー配車を注文すると、配車室オペレーターが運行ルートと運賃を算出し、乗客に運賃を伝えます。同時に車両に搭載するタブレットへ配車指示を送信するシステムです。
    図1:目的地までの距離、料金、ルートを表示

    図1:目的地までの距離、料金、ルートを表示

     乗車前に運賃とルートが決まるため、タクシー乗車時の不安要素である「到着まで金額が分からない」「渋滞に巻き込まれて料金が高くなるかも」といった点を払拭できるのが特徴です。

     即時配車・予約配車のどちらにも対応し、割増時間帯を含む場合や有料道路を経由する場合、障害者割引などにも対応します。
    図2:サービスを利用する流れ

    図2:サービスを利用する流れ

     なお、今回の中央タクシーによる導入は「東日本初・長野県初」となります。
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例