導入事例

    2021.08.06

    豊田合成、従業員エンゲージメントシステムを2カ月で短期導入

    豊田合成は、新たな組織風土改革の実現を推進する「従業員エンゲージメントシステム」を導入しました。システムの利用対象者数は豊田合成単体の約7000名で、2021年5月より利用を開始しています。導入を支援したクアルトリクスが2021年8月5日、発表しました。

     豊田合成が導入したソリューションは、クアルトリクスの「Qualtrics EmployeeXM(クアルトリクス・エンプロイー・エックスエム)」。従業員のエンゲージメント向上・改善をワンストップで実現します。Qualtrics EmployeeXMを利用した「従業員エンゲージメントシステム」は、従業員体験を可視化し、自社の強みや弱み、職場ごとのさまざまな課題や気づきを把握するのに役立ちます。各職場の分析結果をもとに、社員一人ひとりが成長できる機会や能力を発揮できる職場づくり支援します。

     豊田合成は、国内外の豊富な実績、テンプレート、ベンチマーク比較やアクション管理に強みがある点などを評価し、Qualtrics EmployeeXMを採用しました。

     なお、豊田合成の組織風土改革推進に関するコンサルティングやシステム構築は日本IBMが担当。同社はこれまでの「Qualtrics EmployeeXM」の提供実績やIBMが自社で利用している経験などを生かし、豊田合成に2カ月で導入しました。さらにIBMでは、「Qualtrics EmployeeXM」の導入実績に基づく経験を標準テンプレートとして保有。これらを使ってシステム要件をまとめ、プロトタイプの作成や確認を行いながら開発を進めました。日本IBMでは、Qualtrics EmployeeXMの標準機能を最大限活用することを基本方針としてプロジェクト管理し、限られた期間で導入しました。

     豊田合成は現在、「従業員の一人ひとりの声をもとにした組織風土改革」の実現を目指し、新たな働き方への変革や社内DXを進めています。従業員の声を集め運用を支援するITには、迅速かつ柔軟に利用開始できることや、将来のグローバル展開に対応できることを求めていました。さらに、システムを定着させるには、経営層や管理職、社員のすべてがシステムを使いこなすことが重要で、豊富な知見やスキルを持ったパートナーを探していました。なお、今回のシステムは、日本IBMのほか、クアルトリクスとSAPジャパンも導入を支援しています。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例