市場動向

    2021.11.17

    東京2020パラリンピックのマラソンコースをVRで再現、オンラインで走る参加者募集

    東京都産業労働局観光部企画課は2021年11月12日、東京2020パラリンピックのマラソンコースをVRで体験できるバーチャルスポーツ大会を発表しました。大会の参加者募集も開始しました。

     東京都が今回実施するのは、「東京2020」パラリンピックで使われたマラソンコースをVR(仮想現実)空間に再現するというもの。再現したバーチャル上のコースを走る参加者を募集し、東京が持つ観光の魅力を参加者に体験してもらうようにします。
    図1:トレッドミルを使い、映像を見ながらマラソンを体験

    図1:トレッドミルを使い、映像を見ながらマラソンを体験

     参加者はオンラインで参加し、参加者が走る様子などはVR空間内のアバターに投影されます。なお、トレッドミルやフットポッド、スマートフォンなどを使い、走行距離を測定します。参加者はオンラインで参加できるほか、東京体育館やサテライト会場から参加可能です。

     大会の主な概要は次の通りです。
    大会の概要
    日時 2021年12月12日(日)10時~18時
    内容 VRレース(ライド5回・ラン5回)
    ライドコース 10㎞コース:(浅草寺雷門→増上寺)
    42.195㎞コース:東京2020パラリンピックマラソンコース
    ランコース 3㎞コース:銀座→増上寺
    5㎞コース:浅草寺雷門→日本橋
    21㎞コース:東京2020パラリンピックマラソンコースを活用したハーフコース
    募集人数 オンラインで参加:先着順。各回3000名が上限)
    東京体育館で参加:先着順。各回18名(総計180名)
    サテライト会場(スポーツクラブNASの3店舗で参加:先着順 各回3~6名/会場)
    募集期間 2021年11月12日(金)から11月30日(火)
    参加費 無料
    参加方法 以下のURLを参照
    https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/85973
     当日の大会の様子はYouTubeを使ってライブ実況します(ライドは「14:00~15:00」の10kmコースの回、ランは「11:45~12:45」の5kmコースの回)。YouTube配信回にはゲストとして、お笑い芸人の安田大サーカス団長安田さん、タレントの森脇健児さん、パラリンピアンの土田和歌子さん(解説者として出演)が参加します。
    図2:YouTube配信回にはゲストとしてタレントなども参加

    図2:YouTube配信回にはゲストとしてタレントなども参加

     なお、大会に先立って先行体験会も開催します。外苑いちょう並木から国立競技場までの1.5kmコースをVRで体験できます。開催日時は、2021年11月26日(金)~28日(日)の11時~19時(26日のみ13時~20時)。会場はサナギ新宿(新宿駅東南口徒歩1分;新宿区新宿3-35-6)で、参加費は無料、事前の申し込みも不要です。
    7 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向