市場動向

    2021.08.11

    日本オラクル、分析クラウドを活用して富良野市の社会課題解決を支援

    日本オラクルは2021年8月11日、北海道大学と北海道富良野市と富良野市のスマートシティ推進施策で連携することを発表しました。共同で施策を立案し、富良野市特有の産業の発展、住みよいまちづくりを支援します。

     連携に際し、北海道大学ではワークショップ「博士課程DX教育プログラム:北海道富良野市のスマートシティ推進支援」を実施します。2021年度の博士課程学生を対象に、教育プログラム「スマート物質科学を拓くアンビシャスプログラム」の履修科目として、2021年8月30日から6カ月間、計6回実施します。

     ワークショップでは日本オラクルが、参加学生へのコーチング、デジタル技術の活用、およびデータ分析のトレーニングを行います。一方の参加学生は、富良野市が提示する課題に対し、オラクルのクラウド・サービスを活用したデータ分析や可視化を通して、施策の提案を行います。ワークショップで提案された施策は、富良野市のスマートシティ推進施策として実証実験を検討します。

     ワークショップでは、セキュアに手軽にデータ分析を行える「Oracle Autonomous Data Warehouse」や「Oracle Analytics Cloud」などの「Oracle Cloud Infrastructure」のクラウド・サービスを活用します。参加学生はこれらを活用し、富良野市が提示する次の2つの課題に取り組みます。

    1. 「ふらのワイン」販売増を通じた、地域特有産業・農業の維持・発展
    富良野市が生産から収穫、製造、販売まで行うワイン事業はこれまで富良野エリアを拠点として、道内主要都市を中心に販売してきました。しかし、近年の観光客の減少により、市外・道外への新しい販路開拓が求められています。とはいえ生産量は限られ、量販が困難です。そこで今回、これまで蓄積した販売データの分析と、店舗や飲食店などの視察結果をもとに、コアなファン層の発掘や効率的な販売施策案を策定し、事業の収益アップと、地元農家の雇用維持や地域産業の持続化に取り組みます。

    2. リサイクル率90%の富良野のゴミ分別文化を維持・発展するカーボン・ニュートラルへの取り組み
    富良野市は市内に焼却施設を持たず、ゴミのリサイクル率が90%と高水準です。市民のリサイクルに対する意識が高い一方、不適切な分別が発生しているのが課題です。そこで、市内にある約600カ所の資源回収ステーションの曜日ごと、品目ごとの資源回収ステーションデータを分析します。分別が不適切だったことを示すデータや現地視察、収集担当者からのヒアリングの結果をもとに、不適切な分別の発生率を効果的に低減する施策を策定します。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向