市場動向

    2021.09.16

    ソニーネットワークコミュニケーションズ、予測分析ツールの機能強化と組織・全社利用向けの上位プランを追加

    ソニーネットワークコミュニケーションズは2021年9月15日、予測分析ツール「Prediction One」の機能強化を発表しました。組織や全社導入向けの上位プランも用意しました。どちらも同日より提供を開始します。

     「Prediction One」は、機械学習やプログラミングなどの専門知識がなくても、数クリックで予測分析できるツール。従来、データサイエンティストなど一部の専門職に限られていたAIによる予測分析を、一般ユーザーのPCから直感的なインタフェースを通じて利用できるのが特徴です。申し込み企業数は現時点で累計2万1000社を超え、マーケティングや営業、生産管理、顧客サポート、製品開発などの分野で利用されています。

     今回新たに予測API機能を追加しました。「Prediction One」で作成した予測機能を、予測APIを介して外部アプリケーションから簡単に呼び出せます。自社アプリケーションや自社業務システムに予測機能を組み込むことで、AIの活用の幅を広げられるようにしました。APIの利用状況の確認機能、誤操作防止のための保護機能などを追加し、運用の利便性も向上しました。
    図1:「Prediction One」の予測API機能

    図1:「Prediction One」の予測API機能

     主な利用シーンは次の通りです。

    ・需要予測における活用例 (需要予測の自動化)
     メーカーや小売業などの業種で、過去の売上を元にした需要予測に利用できます。予測API機能を利用することでリアルタイムの自動予測が可能で、安定したサプライチェーンを実現できます。

    ・ECサイト上のレコメンド予測 (最適な商品のレコメンド)
     ECサイトの過去の実績データから「Prediction One」で作成した予測機能をAPIで呼び出すことで、会員と購買確率が高い商品の予測を自動化し、最適な情報を迅速に会員に提供できます。

    ・デジタルマーケティングにおける活用例
     マーケティングデータを活用した施策を実現できます。例えば、デジタル上で蓄積する会員データに対して予測機能をAPIで呼び出すことで、ペルソナ分類・スコアリングを自動化し、最適なマーケティング・コミュニケーションを迅速に行えます。

     従来の「スタンダード」プランに加え、新たに「アドバンス」と「エンタープライズ」の2つの上位プランも提供開始します。 個人利用を想定する「スタンダード」プランに対し、「アドバンス」と「エンタープライズ」は部門・全社導入向けプランとなります。各プランの仕様の違いは次の通りです。
    図2:「Prediction One」の3プラン

    図2:「Prediction One」の3プラン

    4 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向