市場動向

    2021.09.29

    インテリジェント ウェイブの不正検知ソリューション、不正検知の精度向上にAIエンジンを採用

    インテリジェント ウェイブは2021年9月28日、不正検知ソリューション「FARISスコアリングサービス」にAI技術を採用したことを発表しました。AI技術を使い、不正検知精度向上やAIチューニング負荷軽減に関する実証実験に成功したことを受け、導入します。米国のAIセキュリティベンチャーであるRobust IntelligenceのAIエンジン「RIME」を採用しました。

     「FARISスコアリングサービス」は、キャッシュレスによるトランザクション量増加への対応が求められるカード発行会社向けのソリューション。インテリジェント ウェイブでは、スコアリングの研究や不正アタックに対する自動防御機能などの不正検知に注力しており、その取り組みの一環で検知精度向上に向けた実証実験を開始しました。

     実証実験に使ったAIエンジン「RIME」は、蓄積するビッグデータから、既存運用中の機械学習モデルやルールの弱点を発見する製品。モデルに対しさまざまなテストを走らせることでモデルの修正点を特定し、AI運用の改善を行えるようにします。

     実証実験では、具体的に次の結果を得られました。
    ・不正利用が行われたかを判断する既存のスコアモデルに対し、RIMEによるモデルチューニングを実施したところ、カード利用阻害、不正被害の検知精度が向上した。

    ・RIMEでスコアモデルを生成後、個社に合わせたチューニングを実施したところ、不正被害の検知精度が向上した。

     こうした実証実験の成果から、インテリジェント ウェイブは「FARISスコアリングサービス」に「RIME」を利用することを決定。サービスのさらなる精度向上のため、RIMEを継続的に利用していく予定です。同社は今後も不正利用被害の削減に向け、検知精度向上のための開発・検証を進めていく考えです。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向