市場動向

    2021.09.27

    UDCKタウンマネジメントなど、柏の葉キャンパス駅周辺にエッジAIカメラ29台導入

    UDCKタウンマネジメントと三井不動産は2021年9月21日、千葉県柏市にある柏の葉キャンパス駅周辺にAIを搭載したカメラを29台導入したことを発表しました。住民の安心・安全や、快適な暮らしづくりに役立てます。クリューシステムズがAIカメラを提供し、ニューラルポケットがAI画像解析技術を提供します。

     今回導入したAIカメラは、屋外の公共空間に設置されます。画像をリアルタイムに分析し、通行人の異常行動や立ち入りの検知、年齢や性別まで踏まえた人流を把握できるようにします。例えば、倒れていたりうずくまっていたり、凶器などを所持したりする人を検知し、自動で警備員に知らせるといった用途を見込みます。雨天による増水状況を把握したり、夜間の立ち入り禁止区域への侵入を調べたりすることも可能です。
    図1:エッジAIカメラを駅周辺に設置し、人流などを把握する

    図1:エッジAIカメラを駅周辺に設置し、人流などを把握する

     なお、撮影した映像はカメラに内蔵するAIによって即時分析され即時破棄します。分析データは個人を識別できないデータに加工し、個人のプライバシーを侵害しないよう配慮します。撮影画像データも転送しません。AIカメラは、柏の葉キャンパス駅周辺に25台、調整池のアクアテラスに4台設置します。
    図2:エッジAIカメラが高い精度で人の行動を読み取る

    図2:エッジAIカメラが高い精度で人の行動を読み取る

     立ち入り検知と人流分析は2021年9月より運用を開始し、異常行動検知は2022年4月より運用を開始する予定です。なお、異常行動検知は2021年9月から2022年3月まで試験期間として現場で検証します。この期間は警備員の駆け付けまでは実施しません。
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向