市場動向

    2021.07.27

    日本システムウエアと竹中工務店、スマートグラスとMicrosoft Teamsの組み合わせによる建設現場の効率化を検証

    日本システムウエアは2021年7月27日、産業用スマートグラス「RealWear(HMT-1)」を使った業務デジタル化の効果を検証したことを発表しました。竹中工務店の建設現場を遠隔支援して業務効率化できるかの検証を、2020年11月から2021年6月まで実施しました。

     新型コロナウイルス感染症の影響で、建設現場では人の移動が制限され、専門知識を有する職員が現地での対応ができない問題が顕在化しています。そこで、日本システムウエアと竹中工務店は、竹中工務店が導入する「Microsoft Teams」に日本システムウエアが提供する「RealWear」を組み合わせ、事務所と現場間のリアルタイムな情報共有や遠隔支援を行うことで建設プロジェクトの進捗状況を測りました。
    図1:RealWearとMicrosoft Teams...

    図1:RealWearとMicrosoft Teamsを活用した遠隔支援の検証イメージ

     検証では、「RealWear」を装着した作業者が遠隔にいる複数担当者と「Microsoft Teams」経由で現場の映像を共有し、遠隔臨場を効率的に行う仕組みを構築しました。日頃より操作に慣れている「Microsoft Teams」を活用することでスムーズに操作できたことに加え、遠隔臨場による作業時間短縮、移動時間削減、多くの関係者が参加できることによる手戻り防止、立会の日程調整を臨場検査時間帯のみで行えるなどの効果を確認しました。

     安全確保の面では、両手をフリーできることから「RealWear」の優位性が高いことも実証されました。今後の実運用では対象業務に掛かる時間について、従来比の30~50%削減を見込み、有事の際の事業継続に貢献できる仕組みとして期待されます。

     日本システムウエアは竹中工務店と共に、「RealWear」と「Microsoft Teams」を活用した現場作業のデジタル化を推進していく考えです。熟練者の若手技術者支援や建設現場の安全巡回点検など、適用業務範囲の拡大に向け検証を進めていきます。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向