市場動向

    2021.11.25

    JFE エンジニアリングとNTTドコモ、DXソリューションの創出と事業化を共同推進

    JFEエンジニアリングとNTTドコモは2021年11月24日、DXソリューション創出と事業化の共同検討で合意したことを発表しました。具体的な目的は、「高速通信システムを活用したプラントの建設」や「操業・メンテナンス(O&M)の無人化・省人化」を実現するDXソリューションの創出です。その後の技術開発から実証、さらには事業化までを、包括的に共同検討していきます。

     プラントの建設や、操業・メンテナンス(「O&M」:Operation & Maintenance)の現場では、以下のような大きな課題があります。

    ・熟練の作業員の減少に伴う技術伝承への対応
    ・安定・安全操業の維持

     そのため、「遠隔操作」や「自動運転システムの構築」が進められています。そして、これらをより高度に実現可能とするドローンや自走ロボットなど新技術の活用には、「高速無線通信システム」が重要な要素となります。

     そこで両社は、実物大のプラントに、ドコモの5G(第5世代移動通信システム)の通信環境を整備します。そして、プラント建設・O&Mの現場における新技術の実証を行う「5G Innovation Plant」を開設します。

     5G Innovation Plantは、JFEエンジニアリングの横浜本社構内に建設します。オープンは、2021年度内の予定です。以下のような各技術が検証されます。

    ・ドローン
    ・自走ロボット
    ・各種センサー・カメラなどのデバイス
    ・高速通信網
    ・アプリケーションなど

     これらは、稼働中のプラントと同等な条件で、さまざまに実証が行えます。
    図1:プラントの遠隔操作・自動運転など無人化・省人化へ...

    図1:プラントの遠隔操作・自動運転など無人化・省人化へ向けた取り組み

     また5G Innovation Plantは、プラントの建設や、O&Mの無人化・省人化に関連する技術やノウハウを持つ、他の企業なども検証に取り組める場となります。そこでは、開発した製品のデモやPRが可能です。
    図2:5G Innovation Plant (実プラ...

    図2:5G Innovation Plant (実プラント+5G)

     さらに、同実証プラントは、ドコモが提供する「ドコモ5G DXスクエア」の、プラントDX創出に向けた専門拠点としても活用が予定されています。ドコモ5G DXスクエアは、ドコモの5Gエリアにおいて、「映像・AI」「XR(VR、AR、MRの総称)」「ロボティクス」などの先進技術を活用したソリューションを体験・実験できる拠点です。地域のDX推進やイノベーション推進を目的として提供されています。

     今回の共同検討では、JFEエンジニアリングがこれまで培ってきた各種プラントへのシステム構築技術および運営ノウハウと、ドコモが有する通信システムのトータルコーディネートノウハウを掛け合わせることが可能です。両社は共同で、今後ますます拡大が予想されるDXソリューションのニーズに応えていきます。
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向