市場動向

    2021.09.24

    ホンダとGoogleが協業、音声ベースの車載向けサービスを拡充し2022年後半に搭載車を市場投入

    本田技研工業(ホンダ)は2021年9月24日、Google LLCと車載向けコネクテッドサービスの分野で協力していくことを発表しました。2022年後半に北米で発売する新型車にサービスの搭載を開始します。その後は順次グローバル展開する予定です。

     ホンダとGoogleは、2015年からAndroidプラットフォームの自動車への導入に向けて協力してきました。その成果として、2016年発売のAccordより「Android Auto」を搭載開始。スマートフォンの機能をドライバー向けに最適化し、安全かつ快適に利用できるUX(ユーザーエクスペリエンス)を提供してきました。

     今回、Googleとの新たな協業により、UXの進化を目指します。ホンダのコネクテッド技術と Googleの先進技術を組み合せ、顧客に寄り添う車載ソリューションを提供できるようにします。

     新たなコネクテッドサービスでは主に次の機能を装備する予定です。

    ・音声アシスタント
     車内のディスプレイオーディオに搭載する「Googleアシスタント」により、ドライバーはハンドルを持ったまま、音声操作で用事を済ませられます。メッセージの送信や経路案内、メディアや車両機能、対応するスマートホームデバイスの操作が可能です。

    ・ナビゲーション
     「Googleマップ」を統合し、パーソナライズされたGoogleマップが車載ディスプレイオーディオで使用できます。Googleに話しかけることで、運転をしながら自宅までのナビゲーションや到着予定時刻の共有、最寄りのガソリンスタンドやEV充電スタンドの検索、店舗の営業時間の確認など操作可能です。

    ・車載用アプリケーション
     「Google Play」で、お気に入りのアプリを簡単に楽しんだり、ダウンロードしたりできます。スマートフォンを使わずに車内から直接、音楽やポッドキャスト、オーディオブックを聴くことが可能です。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向