新製品・サービス

    2021.11.18

    NEC、オンライン診療やデジタル問診を推進する医療DXサービスを提供開始

    NECは2021年11月17日、医療のDXに向けて、クラウドサービスの事業を強化すると発表しました。新しい各サービスは、2021年11月から順次、提供開始します。具体的なサービスとしてまず、医療機関を支援するサービスと電子カルテシステムをつなぐ「MegaOak Cloud Gateway」を提供します。また、医療機関を支援するサービスとしては3種類あります。オンラインでのコミュニケーション用の「MegaOak Telehealth」、院外からの問診情報入力のための「MegaOak Template for 問診」、音声認識を活用して事務業務の効率化を可能にする「MegaOak Voice Assist」です。これら3つのサービスは、「MegaOak Cloud Gateway」を通じて提供します。

     NECはこれまで50年以上にわたり、病院業務の効率化や高度化をシステム面で支援してきました。そして、医療事務システム「MegaOakIBARSⅢ」や、電子カルテシステム「MegaOak/iS」などを提供してきました。

     今回、同社は医療DXの推進に向け、医療機関を支援するクラウドサービスを提供します。新しく提供するのは、以下の4サービスです。

    1. 「MegaOak Cloud Gateway」:政府のガイドラインに準拠したクラウド環境により、医療機関を支援するサービスと電子カルテシステムを安全・安心に接続可能にする
    2. 「MegaOak Telehealth」:医療機関を支援するサービスの第一弾として、医療機関・患者・家族間のオンラインでのコミュニケーションを実現可能にする
    3. 「MegaOak Template for 問診」:院外からの問診情報入力を可能にする
    4. 「MegaOak Voice Assist」:音声認識を活用し医療機関での事務業務の効率化を実現可能にする

     これらのサービスにより、患者や医療従事者にとって安全・安心で最適な治療に専念できる医療環境の実現に貢献していきます。
    図1:クラウドサービス提供イメージ

    図1:クラウドサービス提供イメージ

     それぞれの新サービスの概要は、以下の通りです。

    1. 医療機関を支援するサービスと電子カルテシステムをつなぐクラウドセキュア接続サービス「MegaOak Cloud Gateway」
     このサービスは、医療機関を支援するクラウドサービスと電子カルテシステムを、安全・安心かつシームレスに利用できるようにするものです。「医療情報を取り扱う事業者が準拠すべき医療情報の保護に関するガイドライン」(いわゆる「3省2ガイドライン」)に準拠したクラウド環境と、接続における認証などの高度なセキュリティを提供します。

     それにより医療機関は、セキュアな環境のもと、NECのクラウドサービスだけでなく他社クラウドサービスの利用も可能となります。また、医療情報交換の標準規格である、HL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)にも対応しています。そのため、医療機関における将来的な医療データ利活用への取り組みにも応用が可能です。

    2. 患者・家族・医療機関間の連携のためのオンライン診療・カンファレンス支援サービス「MegaOak Telehealth」
     ビデオ通話によるオンライン診療機能と、患者・家族・医療機関間のコミュニケーションを組み合わせたサービスです。地域中核病院を核とした情報連携を強化可能にします。以下のような特徴があります。

    ・医療機関の電子カルテシステムの外部接続が可能
    ・患者本人の同意の上、地域の医療従事者間との利用にも広げることで、患者、地域の病院・クリニックなどとの距離を越えた円滑なコミュニケーションが実現可能
    ・クリニックから地域中核病院への紹介時には直接オンラインで地域中核病院の予約が可能
    ・専門医の非常勤先病院の患者へのオンライン診療(医師の移動時間をゼロに削減可能)

     また、政府は昨年度の診療報酬改定で、転院時などに退院調整をオンライン上で柔軟に実施することなどを推進しています。地域中核病院では、リハビリ施設や介護施設などの転院先医療機関との転院調整や、退院後のフォローといった関連業務があります。このサービスを活用することで、オンラインによるコミュニケーションが可能となります。これらにより、医療従事者の業務負荷軽減や、新たな働き方を支援します。

    3. 患者の手持ちスマートフォンから問診情報の入力を可能とするデジタル問診サービス「MegaOak Template for 問診」
     従来、紙で行っていた問診票記入を、患者自身のスマートフォンや、院内で用意したタブレット端末などを使用して、院内外から入力できるようにするサービスです。設問内容は柔軟に設計できます。また設問は、患者の回答内容によって次に表示される設問が変わる仕組みのため、無駄なく最小限の項目での入力環境が提供されます。病院共通設問については院内で共有されるため、別の診療科で再度入力する手間はなくなります。

     患者は事前に問診入力ができ、共通設問の情報も院内で共有されるため、院内の待ち時間の短縮が可能になります。さらに、医療機関においては、受付やヒアリングの業務時間の軽減、待合室の混雑緩和を期待できます。

    4. 音声認識を活用し記録業務を支援する音声サポートサービス「MegaOak Voice Assist」
     このサービスでは、医療に関する専門用語に対応した音声認識エンジンを搭載しています。そのため、看護師の発話内容を高精度でテキストに変換し、効率的に電子カルテシステムへの転記を可能とします。

     それにより、看護師は患者に対するケアや、治療経過などの情報を、発話を通じて場所を選ばず記録することができます。多くの時間を要する看護記録業務を軽減し、患者へのより質の高い看護に注力することが可能です。

     各サービスの価格と販売開始時期は以下の表の通りです。
    サービス名 価格(月額、税別) 販売開始時期
    1. MegaOak Cloud Gateway 35,000円~ 2021年11月
    2. MegaOak Telehealth 148,800円~ 2021年11月
    3. MegaOak Template for 問診 88,000円~ 2021年11月
    4. MegaOak Voice Assist 161,200円~ 2021年11月
    (注)別途、初期導入費用(システム環境構築費用など)は必要となります。
     NECは、デジタル技術を活用することで、医療業界における課題解決を支える持続的なイノベーションを提供していきます。そして、人々が活き活きと暮らすことができる健康長寿社会の実現を目指します。
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス