新製品・サービス

    2021.09.29

    パナソニック システムソリューションズ ジャパンとクマヒラ、顔認証を使った鍵管理機

    パナソニック システムソリューションズ ジャパンとクマヒラは2021年9月29日、顔認証技術を活用した鍵管理サービスを発表しました。シリンダー鍵などの物理的な鍵を顔認証を使って管理します。2021年12月から見積もりの受付を開始する予定です。

     パナソニック システムソリューションズ ジャパンの顔認証技術を活用した顔認証SaaSと、クマヒラの鍵管理システムを組み合わせたサービスです。主にマンションやオフィスビルなどの用途を想定します。例えばオフィスビルの場合、鍵管理台帳をもとに現場の管理者が鍵の保管、利用者の制限、取り出しと返却の記録を手作業でするケースが少なくありませんでした。

     そこで今回、両社が提供するサービスでは、顔認証専用のカメラを内蔵した鍵管理機を用意。現場の管理者が鍵を管理する業務をなくしました。ICカードやQRコードなどの許可証を使って利用者を認証する必要もありません。
    図1:顔認証を搭載した鍵管理機

    図1:顔認証を搭載した鍵管理機

     鍵の管理者は遠隔操作で顔情報の登録や設定が可能です。パナソニックの顔認証SaaSプラットフォーム KPASクラウドで顔情報の登録や管理をするため、マンションやオフィスビル、インフラ施設などにサーバーがなくても、拠点での利用許可に紐づいた鍵の貸し出しや利用が可能です。
    図2:顔認証・鍵管理サービスの特徴

    図2:顔認証・鍵管理サービスの特徴

    図3:顔認証で鍵の盗難・不正利用を低減

    図3:顔認証で鍵の盗難・不正利用を低減

    図4:クラウドを活用し、利用者の登録・管理や設定が可能

    図4:クラウドを活用し、利用者の登録・管理や設定が可能

     なお鍵管理機は、個別収納型の鍵管理機と、鍵や重要物の大量保管が可能なオープン収納型の鍵管理機の2種類を用意。鍵管理機で運用や設置環境に応じた選定が可能です。
    図5:個別収納型の鍵管理機(写真左)とオープン収納型の...

    図5:個別収納型の鍵管理機(写真左)とオープン収納型の鍵管理機

     両社は今後も製品・サービスの連携を一層強化し、共創によって企業の顧客の現場に寄り添ったシステムを提案していく考えです。
    9 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス