新製品・サービス

    2021.08.19

    CTC、障がい者雇用を推進する子会社とともに、AI分析に必要なデータの整形化支援サービスを開始

    伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2021年8月19日、AIを使って分析する際のデータを事前準備(Data Preparation)するサービスの提供を開始しました。障がい者雇用を推進する特例子会社CTCひなりと共同で提供します。CTCが金融業を中心とした顧客から受注したAIやデータ分析などの案件において、ひなりがデータの表記揺れや誤記などを整える作業を実施します。

     AIを効果的に活用するためには、事前にデータを分析可能な状態に整えておくData Preparationの作業が欠かせません。データの整形や加工、欠損や誤りの修正といった作業は、AI導入の作業全体のうち8割を占めるとされています。また、データは日々追加・更新されるため、作業を継続する必要があり、エンジニアの確保などの課題もあります。

     そこで本サービスでは、エンジニアに代わって専門的にData Preparation作業を請け負います。プログラミング言語のPython(パイソン)などを使用して大量のデータを整形します。例えば、「お客様と顧客」「取締役と役員」などの用語の名寄せ、全角と半角を含めた表記ルールの適用、重複した用語の削除、異常値の除去といった作業を実施します。整形したデータをもとに分析することで、より精度の高い予測や判断が可能になります。

     なお、ひなりは障がいのある社員を支援する社員と、主に知的障がいがある社員がチームを組み、2020年初頭からPythonによるデータ整形に取り組んでいます。CTCの金融分野におけるAIやデータ分析のノウハウに基づく約1年間の試行期間を経て、定型的なデータの整形に関してはエンジニアと同等の技術水準に達しているといいます。

     CTCは今後、ひなりと共同でData Preparationサービスを利用したAIビジネスを推進していく考えです。AIの推進でハードルとなるData Preparationを専門的に請け負うことで、顧客のAI活用に貢献し、AIを含めたIT分野での障がい者の新たな職域の開拓を図ることを目指します。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス