新製品・サービス

    2021.08.31

    ソフトバンク、施設のシェアリングやビル設備を管理するソリューションなどを発表

    ソフトバンクは2021年8月30日、スマートな働き方を支援するソリューション「WorkOffice+(ワークオフィスプラス)」を発表しました。「WorkOffice+」の導入を支援するサービス「Smart Work Solution」も合わせて発表しました。双方とも同日より提供を開始します。

     WorkOffice+は、会議室やデスクの企業間シェアリングや、ビル内のエリアごとの入室制限システム、空調設備などのビル設備を管理するためのソリューション。オフィスビルの管理者と各テナント企業の管理者や従業員がスマートフォンで利用する用途を想定します。テナント企業の管理者や従業員は、会議室やデスクの予約や空調をスマートフォンで確認、操作できるようになります。

     具体的には、会議室やデスクの予約機能と利用開始時、終了時のチェックイン・チェックアウト機能を装備。テナント企業は自社の会議室やデスクの予約状況と、実際の利用状況をリアルタイムに確認できます。空いている会議室やデスクを他のテナント企業に貸し出すといった使い方もできます。
    図1:会議室の予約画面/空調設備の操作画面

    図1:会議室の予約画面/空調設備の操作画面

     他のテナントが会議室やデスクを利用する際は、「WorkOffice+」のアプリをインストールしたスマートフォンを持って移動することで、その会議室やデスクがあるフロアでのエレベーターの降車制限・オフィスへの入室制限のロックを解除することができます。セキュリティに配慮しつつ、施設のシェアリングを実施できます。

     なお、オフィスビルの管理者が会議室やデスクを貸し出すテナント企業に対し、ビル内の無人販売サービスや、他のテナント企業が貸し出す会議室やデスクの利用に使用可能なポイントを付与する機能も備えます。

     来客専用のQRコードを発行し、来客の入館受け付けを自動化することも可能です。ビルの入り口などに設置したタブレットに訪問者がQRコードをかざすことで、入館権限や訪問先フロアでのエレベーターの降車権限などが付与されます。受付スタッフを配備する必要がなくなります。
    図2:来客の入館受け付けを自動化

    図2:来客の入館受け付けを自動化

     オフィスビルの管理者とテナント企業によるコミュニケーションも可能です。「WorkOffice+」を使い、オフィスビルの管理者がテナント企業へ情報を発信できます。テナント企業の従業員の既読・未読状況も確認可能です。館内に設置した掲示板などでテナント企業へ情報発信するといった手間を省けます。
    図3:オフィスビルの管理者とテナント企業による双方向の...

    図3:オフィスビルの管理者とテナント企業による双方向のコミュニケーション

     「WorkOffice+」の導入に必要な各種施工作業やコンサルティング、ネットワークの環境構築、軽食などの無人販売サービスなどをパッケージにした、オフィスビル管理者向けサービス「Smart Work Solution」も用意します。

     なお、ソリューションやサービスの提供に先立ち、同社は先行導入する企業も発表しました。サンフロンティア不動産が開発したオフィスビル「+SHIFT NOGIZAKA(プラスシフト乃木坂)」(東京都港区)、イオンディライトの新本社(東京都千代田区)に先行導入されます。
    7 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス