新製品・サービス

    2021.08.13

    IoT-EX、各種IoTサービスと連携してデータを一元化するサービスを提供開始

    IoT-EXは2021年8月11日、「事業者向けIoTデータ可視化サービス」の提供を開始しました。IoTプラットフォームを活用し、企業のDX推進を支援します。

     「事業者向けIoTデータ可視化サービス」は、さまざまなIoTサービスと連携できるのが特徴です。センサのプロトコルや接続手順、データフォーマットの違いを吸収し、多種多様なセンサ情報をもとにしたデータ分析を可能にします。センサごとにアプリの対応ロジックを個別開発する必要はなく、時間やコストを削減する効果を見込めます。
    図1:事業者向けIoTデータ可視化サービスのイメージ

    図1:事業者向けIoTデータ可視化サービスのイメージ

     主な特徴は次の通りです。
    ・さまざまななデータ可視化サービスと簡単に連携可能
     IoT-EXでは、Pull型とPush型の2種類のWeb APIを提供します。これにより、データ出力先である各社のデータ可視化サービスと簡単に連携できます。受け渡しデータフォーマットの個別要望にも対応し、出力先側でのカスタマイズも不要です。

    ・システム構築が不要、導入までの時間とコストが最小限で済む
     事前にIoTサービスのインフラ(各種サーバなど)を構築し、個々のセンサへの対応も共通部分と個別対応部分を分離し、アプリでの個別対応を不要にしました。そのため、導入までの時間やコストを削減できます。

    ・多種多様なセンサを簡単に接続できる
     センサは一般的に、種類(位置検知センサ、物理センサ、環境・科学センサ)、メーカー、機種、型番の違いにより接続方式(プロトコルや手順、データフォーマット)が異なります。そこで、個々のセンサに対応するためのロジックを共通部分と個別対応部分に分けました。接続方式(プロトコルや手順、データフォーマット)は、設定ファイルを作成するだけで対応できるようにしました。これにより、アプリ側をカスタマイズする必要はなくなりました。

    ・利用者が行うのは、IoT端末の電源を入れることだけ
     利用開始に必要な作業は、利用者の手元に届いたIoT端末の電源を入れることだけ。各社のデータ可視化サービスにログインするだけで、利用開始後のデータをすぐに閲覧できます。

     IoT-EXは今後、事業者向けIoTデータ可視化サービスを軸に、さまざまな業種や業態へのサービス提供を進めていく考えです。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス