新製品・サービス

    2021.09.15

    バッファローとセゾン情報システムズ、NASを使ったIoTソリューションを共同開発

    バッファローとセゾン情報システムズは2021年9月15日、NASに保存するデータを利活用するためのプラットフォームの開発に共同で取り組むことを発表しました。大企業から中小企業までの幅広いターゲット向けに、企業のデータ利活用促進を支援します。

     今回の共同開発では、バッファローの法人向けNAS「TeraStation(TS6000 シリーズ)」に、セゾン情報システムズのIoTデータ連携ソリューション「HULFT IoT」を組み合わせたソリューションを利用します。ファイル連携ミドルウェア「HULFT」なども利用します。

     インターネット環境が不安定でも「HULFT」を使うことで、確実な送信や送達エラー時の再送信を自動化します。データの暗号化も実施するため、安全な環境でデータを運用できるようにします。データの圧縮や解凍も可能です。
    図1:「TeraStation(TS6000 シリーズ...

    図1:「TeraStation(TS6000 シリーズ)」と「HULFT IoT」の連携イメージ

     PCやタブレットなどから収集したログデータをNAS「TeraStation(TS6000 シリーズ)」へ集約し、「HULFT」がデータの暗号化、圧縮などを自動処理するといった用途を想定します。データをクラウドに保存せず、オフィスなどに設置するNASに保存するため、クラウドを利用するランニングコストを抑えられるといったメリットも見込めます。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス