新製品・サービス

    2021.09.07

    P&L Associates、メンタルヘルス可視化ツールにカウンセリング機能を追加

    P&L Associatesは2021年9月7日、メンタルヘルス可視化ツール「Weekare(ウィーケア)」の機能強化を発表しました。Weekareの計測によってメンタル不調アラートがあった従業員のケアをサポートする「カウンセリングプラン」機能を追加しました。メンタル不調の予兆がある従業員に対し、早期サポートできるようにします。

     Weekareに追加した新機能は「カウンセリングプラン」。Weekareによってメンタル不調の予兆が見られた従業員の面談対応を、メンタルケア専門カウンセラーに依頼できる機能です。
    図1:Weekaraのカウンセリングイメージ

    図1:Weekaraのカウンセリングイメージ

     カウンセリングは、企業や個人のメンタルヘルスケアで約1万件の実績を持つカウンセラーなどが対応します。カウンセラーと従業員の面談はオンラインで実施するため、居住地域に関係なくカウンセリングを受けられます。カウンセリングの実施後は、企業へ実施報告を行いますが、カウンセリングの具体的内容は従業員自身の承諾があった場合のみ開示するよう配慮します。

     カウンセラーは、精神保健福祉士資格のほか、最新のメンタルヘルスケアの知識を持つ方など、カウンセリングからコーチングまでの対応スキルを保有する担当者を用意します。

     「カウンセリングプラン」の利用料は、カウンセリング1回(1時間)につき1万円。月額のオプション利用料として利用可能です。

     なおWeekareの主な特徴は次の通りです。
    ・1秒で感覚的に回答できるアンケートでリアルな回答を収集
    ・週ごとの計測ができメンタル変化を数値化
    ・従業員のメンタル不調を早期発見し、管理者へアラートで通知
    ・従業員数に応じた金額設定、申し込みから最短1日で利用可能
    ・メンタルチェック方法はメール、LINE、スマートフォンアプリ(Android、iOSともに対応)利用可能
    図2:「Weekare」の画面例

    図2:「Weekare」の画面例

    4 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス