新製品・サービス

    2021.10.12

    Robot Japan、配膳や消毒液散布を自動化するロボットの取り扱い開始

    Robot Japanは2021年10月7日、配膳ロボット「KEENON」の導入や運用サポート、メンテナンスなどをサポートすることを発表しました。日本の代理店として配膳ロボットの導入を支援します。

     「KEENON」は、飲食店やホテル・旅館、小売店向けの配膳ロボット。多数のトレーを設置できるため、一度に複数のテーブルへの配膳も可能です。タッチパネル1つで移動指示を読み込むため、配膳ルートを設定する手間もかかりません。ロボット上部にはカメラを設置し、人や障害物を自動回避します。走行速度を秒速0.9~1.2メートルに抑え、安全性にも配慮します。
    図1:配膳ロボット「KEENON」の上部にはカメラを装備

    図1:配膳ロボット「KEENON」の上部にはカメラを装備

    図2:配膳ロボットの利用イメージ

    図2:配膳ロボットの利用イメージ

    図3:Robot Japanの取り扱い機種「T1」

    図3:Robot Japanの取り扱い機種「T1」

    図4:Robot Japanの取り扱い機種「T2」

    図4:Robot Japanの取り扱い機種「T2」

    図5:Robot Japanの取り扱い機種「T5」

    図5:Robot Japanの取り扱い機種「T5」

    図6:Robot Japanの取り扱い機種「T8」

    図6:Robot Japanの取り扱い機種「T8」

     なお同社は配膳向けロボットのほかに、消毒ロボットも用意します。病院やレストラン、ホテル、学校などでの用途を想定し、自動走行で無人パトロールをしたり、無人で消毒液を散布したりします。エレベーターを乗り降して消毒の実施も可能です。
    図7:Robot Japanの取り扱い機種「M2」

    図7:Robot Japanの取り扱い機種「M2」

     同社は今後、飲食店や医療現場に導入するさまざまななシステムとの連動、連携を目指していく考えです。
    10 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス