新製品・サービス

    2021.11.11

    デザイン性を追求した小型軽量VRゴーグル、VRを活用する作業現場への導入に期待

    HTC NIPPONは2021年11月11日、VR用ゴーグル「VIVE Flow」を発表しました。小型軽量のメガネ型で、外出先などでの利用を想定します。同日より予約を開始し、11月18日より発売を開始する予定です。価格は5万9990円(メーカー希望小売価格、税込み)です。

     「VIVE Flow」は重量189グラムの軽量が売り。従来のVR専用ゴーグルと違い、メガネに近いデザインも特徴です。独自設計の2段階ヒンジにより、簡単に折りたためると同時に、かけたときには頭にフィットしやすくします。視野角は100度と広く、ゲームや映画などのコンテンツも問題なく楽しめます。解像度は3.2K、リフレッシュレートは75Hzで画面が見ずらい、チカチカするといった症状も起こりにくくなっています。
    図1:一般的なメガネのようなデザインが特徴

    図1:一般的なメガネのようなデザインが特徴

     操作にはAndroid端末を使用。Miracastを使えば、スマートフォン用アプリのコンテンツを大画面で楽しむといったことも可能です。年内には150タイトル以上のコンテンツを提供する予定となっています。
    図2:XRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」...

    図2:XRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」より、150以上のコンテンツを提供予定

     なお、業務での利用は必ずしも想定していませんが、今後は工事現場や建設現場でVRやARを気軽に利用できるハードウエアとしての用途も期待されます。
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス