新製品・サービス

    2021.10.07

    JSOL、PC画面の覗き見による情報漏洩を防止する盗撮検知ソリューション

    JSOLは2021年10月5日、PC画面の盗撮を検知するソリューション「J’sCutt」( JSOL Camera Unable To Take monitor )を発表しました。PCに内蔵するカメラの映像をAIが解析することで、PC画面盗撮による情報漏洩を防ぎます。

     テレワークやシェアオフィスのように、オフィス外でPCを使うケースが増えつつあります。しかしこうした環境ではセキュリティ対策が不十分な場合が多く、画面を覗き見されることによる情報漏洩リスクが懸念されます。

     こうしたリスクを解消できるようにするのが「J’sCutt」です。PCに内蔵するカメラ映像を常時取得し、AIで兆候を判定します。判定の結果、スマートフォンやカメラを使ってPC画面を撮影しようとする兆候があれば検知・記録し、指定の管理者に通知します。PC画面から顔が外れたり、カメラをかざしたりするとスクリーンセーバーがオンになる機能も備えます。これにより例えば、PCで作業中の背後から、第三者がカメラでPC画面を撮影しようとしてもスクリーンセーバーに切り替わるため、画面上に表示される社外秘などの情報漏洩を防げます。そのほか、第三者が画面を覗き込んでいたり、カメラに人が映っていたりする状態を検知します。

     なお、「J’sCutt」はPCにインストールして使用するオンプレミス型のソリューション。インターネットに接続しないオフライン環境でも動作し、検知したログも蓄積できます。

     同社はまず、自社の社内環境で「J’sCutt」の運用開始を予定します。自社環境での本運用を通し、継続してサービスの品質向上に努める考えです。今後は代理店企業と協業し、顧客開拓および事業拡大を目指します。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス