新製品・サービス

    2021.10.12

    インテック、通信規格の特性に応じたワイヤレス環境構築を支援するソリューション

    インテックは2021年10月11日、ローカル5Gなどのマルチワイヤレス技術を活用したソリューション「ワイヤレスDX」を発表しました。8つの産業別のソリューションを用意し、2021年11月より順次提供を開始します。

     「ワイヤレスDX」とは、ケーブルや端末、空間や場所などに制約のない環境を構築し、顧客の課題解決を支援するソリューション。「ローカル5G」のほか、「sXGP(プライベートLTE) 」「Wi-Fi6(802.11ax) 」「LPWA」などの異なるワイヤレス通信技術を活用するのが特徴です。大容量・同時多数接続・低遅延といった特徴を持つ「ローカル5G」だけではなく、通信規格ごとの特性を考慮し、顧客の環境や課題に応じた通信規格を採用できるようにします。
    図1:「ワイヤレスDX」ソリューションの構成

    図1:「ワイヤレスDX」ソリューションの構成

     ソリューションの提供開始時期は次の通りです。
    ・デジタル・ワークプレイス・ソリューション(2021年度11月)
    ・ダイバーシティ&インクルージョン・ソリューション(2021年度4Q)
    ・ゼロコンタクト・オペレーション・ソリューション(2021年度4Q)
    ・自治体向けIoTプラットフォームサービス(2021年度4Q)
    ・スマートファクトリー見える化ソリューション(2022年度以降)
    ・物流現場画像認識・検品支援ソリューション(2022年度以降)
    ・病院向けアラートソリューション (2022年度以降)
    ・O2i(Object-oriented to user Interface)ソリューション(2021年度4Q)
    図2:産業別「ワイヤレスDX」ソリューション

    図2:産業別「ワイヤレスDX」ソリューション

     なお同社は、新しいワイヤレス技術の獲得とソリューションを検証するため、富山県と神奈川県の事業所内に「ローカル5G」「sXGP(プライベートLTE)」「Wi-Fi6(802.11ax)」の最新ワイヤレス通信を同時に使用、比較できる実証環境を整備します。 実証環境では、さまざまなDXソリューションやネットワークサービスの検証・開発、AIやエッジコンピューティングなど先端技術の開発を進めます。sXGPは、自社データセンターにコア網配置し、拠点基地局と分離する構成で整備しています。Wi-Fi6と共に遠隔体験用デバイスや画像配信による実証を実施しています。また、ローカル5Gは、最新のSub6/SA方式の基地局を高岡市の事業所へ2022年2月には設置予定です。
    図3:各通信技術の特徴

    図3:各通信技術の特徴

     同社は今後、ワイヤレスサービスの拡充を目指します。実証環境では自社のソリューション検証に留まらず、顧客やパートナー企業、地域団体と技術開発や製品検証などの共創ラボとしての役割も担えるようにします。「ワイヤレスDX」ソリューションの展開において多くのパートナー企業を募り、「ワイヤレスDX」の浸透・拡大を図っていく考えです。
    7 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス