調査・リサーチ

    2021.09.10

    DXに関する業務に無関心が44%、年代別では40代が最多/IGS調べ

    Institution for a Global Societyは2021年9月9日、「DX業務に関する意識調査」の調査結果を発表しました。従業員数1000名以上の大企業に勤める298人を対象に、2021年8月6日から9日まで実施したインターネット調査に基づきます。

     勤め先でDXやデジタルビジネスの推進活動に関わる際に感じることを聞いた結果が図1です(複数回答)。
    図1:DX推進活動に関わる際の感情

    図1:DX推進活動に関わる際の感情

     「面倒くさそう」「大変そう」「自分に務まるか不安だ」「やりたくない」「特に関心はない」のいずれかを1つ以上選択した人が131人(44%)いました。自社のDX推進に否定的な考えを持つ従業員が半数近くいることが分かりました。

     では年代別ではどうか。DXやデジタルビジネスの推進活動に関わりたいかを年代別にまとめた結果が図2です。
    図2:年代別のDX推進活動に関わる際の感情

    図2:年代別のDX推進活動に関わる際の感情

     DXの戦略立案や実行部隊へのつなぎ目となる40代の38%が「できれば関わりたくない」「絶対に関わりたくない」と回答し、年代別では最多となりました。

     なお、「DX推進活動に関わりたくない」理由を分析したところ、「境界線の維持(わからないことは、手を出さない)」が最も大きく、影響度は65%を占めました。「具体的に何をしたらよいのかわからない」「データはよくわからない」といった、仕事の境界線を守る傾向を強く読み取れる結果となりました。
    図3:DXに関わりたくない理由

    図3:DXに関わりたくない理由

    6 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    調査・リサーチ