DX最新ニュース

    2021.03.19

    ニューステクノロジー、自動車の窓をサイネージとして利用するサービスを6月に提供開始

    ニューステクノロジーは2021年3月17日、自動車の窓をサイネージとして利用するサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」を発表しました。タクシーアプリ「S.RIDE」を展開するS.RIDEと合同で、2021年6月より提供を開始します。

     THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvasは、東京都内を走行するタクシー車両のサイドガラスに広告を映し出すサイネージサービス。映像を投影していないときは透明な窓ガラスだが、投影時には広告を映し出すことができます。サイドガラスには、AGCが独自開発したガラス製透明スクリーン「グラシーン」を用いています。
    図1:THE TOKYO MOBILITY GALLE...

    図1:THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvasのイメージ

    図2:THE TOKYO MOBILITY GALLE...

    図2:THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvasは「東京に新たなギャラリーを」がコンセプト

     まずは、都内を走行するJPN TAXIの100台で運用を開始します。その後段階的に車両を増やし、S.RIDE加盟のタクシー事業社が保有するJPN TAXI全車で運用する予定です。またニューステクノロジーは、タクシー配車アプリ「S.RIDE」で取得した位置情報データと連携し、ロケーションや時間帯に最適化した広告、その他情報を表示できるよう開発を進める方針です。

     同社とS.RIDEは2019年4月より、アプリでの配車、デジタルサイネージ、降車時におけるアプリ決済などを通じてタクシー産業のDXを推進。今後もタクシーを起点に、「移動」に伴う体験価値向上とモビリティサービスを追求していく構えです。
    4 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX最新ニュース