DX用語集

    2021.08.27

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【AI】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「AI」。

     AIは「Artificial Intelligence」の略で、「人工知能」と訳します。人が考えるように、自ら学習するソフトウエアやサービスを指すのが一般的です。自動運転に使われる技術として有名ですが、将棋やチェスなどのゲームで、人より優れた「次の一手」を考え出す技術としても注目されています。

     AIの明確な定義はありませんが、文部科学省のWebサイト「見てみよう」では、AIを次のように説明しています。

     AIとは人工知能(ちのう)(Artificial Intelligence(アーティフィシャル インテリジェンス))の略称(りゃくしょう)。コンピューターの性能が大きく向上したことにより、機械であるコンピューターが「学ぶ」ことができるようになりました。それが現在(げんざい)のAIの中心技術(ぎじゅつ)、機械学習です。
     機械学習をはじめとしたAI技術により、翻訳(ほんやく)や自動運転、医療画像診断(いりょうがぞうしんだん)や囲碁(いご)といった人間の知的活動に、AIが大きな役割(やくわり)を果たしつつあります。


     学習したことを理解し、人の知的活動を人工的に再現できるのが特徴です。例えば、人がコンピュータに対して「課題はこれ」とプログラムした場合、コンピュータはプラグラムで決めた課題しか認識しません。しかしAIでは、過去のデータなどを分析した結果に基づき、課題となりうるものを自動的に認識します。

     なおDXにおいてAIは、新たな事業やサービスを支える中心的なテクノロジとして使わることがあります。人に代わってAIが作業を実施することで、作業効率化や人手不足解消、生産性向上などの効果を見込めます。そのためDXを推進する企業の多くが「AIで何かできるのか」を模索し、自社サービスの競争優位を生み出す手段として活用するケースが目立ちます。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集