DX用語集

    2021.11.21

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【MaaS】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「MaaS」。

     MaaS(マース)とは、Mobility as a Serviceの略で、直訳すると「移動のサービス化」です。電車や自動車、バス、自転車などの利用を、サービスとしてより便利にする考え方を言います。これら交通手段を使うときの予約や決済などの移動にともなうさまざまな接点を、デジタルを駆使して便利に使えるようにするサービスそのものも指します。

     国土交通省のWebサイト「日本版MaaSの推進」では、MaaSを次のように定義します。

     地域住民や旅行者一人一人のトリップ単位での移動ニーズに対応して、複数の公共交通やそれ以外の移動サービスを最適に組み合わせて検索・予約・決済等を一括で行うサービスであり、観光や医療等の目的地における交通以外のサービス等との連携により、移動の利便性向上や地域の課題解決にも資する重要な手段となるものです。

     例えば、自動車や自転車、電動キックボードなどのシェアリングサービス、スマートフォン用アプリを使ったタクシーの配車サービス、電車やバスの運行状況をリアルタイムで確認できるアプリ、AIを使って高速道路の渋滞を予測するサービスなどが当てはまります。

     MaaSを推進することで、移動に伴うさまざまな課題を解消できると期待されています。移動時間の短縮はもとより、予約や決済などの煩雑な作業の解消、交通弱者に最適な移動手段を提供できるようになるなど、社会課題解決も見込めます。

     DXにおいてMaaSは、新規事業やイノベーションによって提供されるサービスの1つと捉えられています。これまでなかった交通環境をITやデジタルを使って整備したり、電車や自動車、バスなどの交通インフラの利便性を高めるサービスを提供したりすることがDXだと考えられます。交通・運輸業界のDX=MaaSとも言えます。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集