DX用語集

    2021.08.25

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【サブスクリプション】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「サブスクリプション」。

     サブスクリプション(subscription)は、商品購入やサービス申し込み時の代金を定額で支払い続ける料金プラン、もしくはビジネスモデルを指します。最近は「サブスク」と略して使われることもあります。

     商品やサービスの代金を一度支払って終わりではなく、毎年や半年、毎月などの期間の利用料として払い続けるのが特徴です。動画や音楽の配信サービスに使われているのが有名ですが、最近はソフトウエアや飲食、車、衣類など、さまざまな商品を対象に、多くの業種で使われるようになっています。

     サービスを利用するユーザー側のメリットは、手の届かない高額商品でも安価な料金で利用できる、高額商品を買わずに利用できる、不要ならいつでもサービスを止められるなどがあります。

     サービスを提供する企業側のメリットは、顧客を囲い込める、顧客情報を取得しやすい、顧客の利用データに基づく施策を打てる、定期的な売り上げを見込めるなどがあります。

     なおDXにおいてサブスクリプションは、新たなビジネスや事業の料金プランとして使われることがあります。ITやデジタルを駆使してサービスを構築するケースでは、サブスクリプションを前提とした料金プランにするのが一般的になりつつあります。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集