DX用語集

    2021.10.01

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【RPA】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「RPA」。

     RPAとは「Robotic Process Automation」の略で、人が行うPC操作などをロボットが代行することで自動化する考え方、概念を指します。

     PCを使う業務の中には、同様の操作を何度も繰り返すものが少なくありません。例えば、紙の伝票に記された金額をエクセルや社内システムに入力する業務です。こうした繰り返し行う業務にRPAは向きます。半面、人が判断した上でアクションするといった業務には必ずしも向きません。単純作業を自動化し、業務効率を高められるのがメリットです。人が入力することによる転記ミスもなくせるメリットもあります。

     DXにおいてRPAは、紙の書類をデジタル化する際に導入を検討するケースが目立ちます。デジタル化した書類情報を任意のシステムなどに自動登録できるようにし、デジタル化のメリットをさらに引き上げようと考える企業が多いようです。情報をデジタル化するだけにとどまらず、活用を見据えたときの環境構築の手段の1つとしてRPAが使われています。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集