DX用語集

    2021.10.05

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【API】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「API」。

     API(エーピーアイ)とはApplication Program Interfaceの略で、システム(プログラム)をつなぐ仕組みを指します。別システムが保有するデータを取得する際に使うのが一般的です。

     例えば、Aシステムが別システムにデータを使ってもらえるように、APIを用意しているとします。Aシステムのデータを使いたいBシステムは、Aシステム同様にAPIを用意することでデータを取得することができます。BシステムはAシステムが保持するデータをBシステムの画面上で確認したり、そのデータを加工したりできるようになります。Aシステムのデータをcsv形式のファイルでダウンロードし、Bシステムにそのファイルをアップロードしてデータを取得するといった手間を省けます。

     なおDXにおいてAPIは、社内で利用する複数のクラウドを連携する用途で使われています。DXを推進して業務改革を断行する際、従来より使っていたオンプレミスシステムのクラウド化を検討することがあります。こうして、業務に応じてさまざまなSaaSが使われるようになったときでも、APIを用意するSaaSを使えばデータを容易に連携できます。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集