現在開催予定のセミナー

  • TOP
  • ニュース
  • Gmail、Slack、Teams…。13のメッセージツールのやり取りを一元管理するアプリ - DXマガジン

ニュース

2022.10.12

Gmail、Slack、Teams…。13のメッセージツールのやり取りを一元管理するアプリ

OneChatは2022年10月4日、メッセージ管理アプリ「Google Chat」の機能強化を発表しました。新たにGoogle Chatに対応し、計13のメッセージツールを1つのアプリで一元管理できるようにしました。

 「OneChat」は、チャットやメールなどのさまざまなサービスのメッセージを一元管理するアプリ。チャットやメールなどのアプリやWebサービスを立ち上げずとも、送られてくるメッセージを確認したり、メッセージを返信したりできます。

 新版ではGoogle Chatに対応。合計13のメッセージツールのメッセージを「OneChat」で確認することができます。対応するメッセージツールはGoogle Chatのほか、slack、Gmail、facebook messenger、chatwork、LINE Business、Microsoft Teams、Discord、Yahoo!メール、Outlook、twitter、instagram、Skypeです。

 例えば、slackやGmailに新規メッセージが届いたときに通知したり、notionやevernote、google driveといったサービスにアクセスしたりといったことも可能です。Googleカレンダーなどの予定管理サービスとも連携します。

 仕事でさまざまなメッセージサービスを利用する場合、各サービスを立ち上げなければメッセージを確認できませんでした。「OneChat」を使えば、1つのアプリで複数のメッセージサービスのやり取りを確認できます。

 料金は月額利用料が220円、初期費用は無料です。対応するのは原稿執筆時点(2022年10月12日)でMacのみで、Windows版は開発中です。
関連リンク
OneChat株式会社

あわせて読みたい編集部オススメ記事
5 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る