MENU

ニュース

あの一世風靡した2ちゃんねる。。。。2023年、匿名投稿サイトの現在は?

  • URLをコピーしました!

かつて一世を風靡した掲示板サイト・2ちゃんねる。2ちゃんねるのような投稿サイトは、今は何が使われているのでしょうか。

2ちゃんねる(2channel)は、1999年に開設された日本の大規模な掲示板サイトで、匿名性が高く、様々なトピックやテーマに関するスレッド(スレ)が存在しました。しかし、2ちゃんねるは2019年に経営難に陥り、その後、運営会社が変更されました。

しかし、現在、2ちゃんねるの雰囲気を引き継ぐオンラインコミュニティや掲示板サイトはいくつかあります。

・5ちゃんねる(旧2ちゃんねる):2ちゃんねるから派生したサイトで、依然として多くのユーザーが利用しています。様々なジャンルのスレッドが存在し、匿名性が高いことが特徴です。

・Twitter(ツイッター):Twitterは日本でも非常に人気のあるソーシャルメディアプラットフォームです。ユーザーは短文や画像、動画などを投稿し、他のユーザーとの対話や情報共有が行われています。

・note(ノート):noteはブログやエッセイを投稿できるプラットフォームで、日本国内で人気があります。個人が自身の文章や知識を発信するために利用されます。

・はてなブックマーク:日本のオンラインブックマークサービス。特定のウェブページにコメントをつけて他のユーザーとコミュニケーションするために利用されます。

これらは一部の例ですが、日本で人気のあるオンラインコミュニティや掲示板サイトとして挙げられるものです。

インターネットコミュニティは、情報の迅速な共有や意見の交換の場として機能しており、時に社会的な変化や行動の促進に寄与することがあります。

例えば、特定の社会問題について議論し、関心を高めたり、啓発活動を展開することができます。また、オンライン署名や支援活動の呼びかけなど、実際の行動にもつながることがあります。

一方で、時に不毛な争いや論争が発生することもあるのがインターネットコミュニティです。匿名性やネット上での距離感が影響し、感情的な反応や攻撃的な言葉が飛び交うことがあります。これによって、建設的な議論が妨げられたり、コミュニケーションの品質が低下することがあります。

不正確な情報や虚偽の情報が意図的に拡散されることもあります。これによって人々の意識や行動が歪められる可能性があります。特にソーシャルメディアでは、アルゴリズムや個人のフィードのカスタマイズによって、情報のバイアスや偏りが生じることもあります。

以上のように、インターネットコミュニティは社会において存在感の高い役割を果たしていますが、その影響は建設的な側面だけでなく、批判的に見る必要もあります。個々のユーザーは情報の信頼性を慎重に判断し、健全なコミュニケーションを心掛けることが重要といえるでしょう。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる