MENU

ニュース

廃線跡地がキャンプ場に、JR北海道が企業と組んでキャンパー呼び込む

  • URLをコピーしました!

forentは2023年5月4日、北海道旅客鉄道(JR北海道)が実施する「JR北海道 廃線跡地活用イノベーションプログラム」に採択されたことを発表しました。廃線跡地にキャンプ場を設けて地域振興を図ります。今後は事業化に向けて準備を進めます。

 JR北海道の「JR北海道 廃線跡地活用イノベーションプログラム」は、廃線跡地の有効利用を目的としたもの。2019年3月に鉄道事業を廃止した石勝線(新夕張~夕張間)、2021年3月に鉄道事業を廃止した日高線(鵡川~様似間)の廃線跡地を活用する案を募集していました。  今回、forentがイノベーションプログラムに採択されました。同社はアウトドア特化の宿泊予約サイト「ExCAMP」を運営する企業。遊休地や遊休不動産をキャンプスペースなどのアウトドア宿泊施設として掲載し、土地保有者とキャンパーをマッチングできる点を強みにします。  イノベーションプログラムでも同社の強みを全面に打ち出します。廃線跡地にキャンプ場を開発し、サイトを使って効率よく利用者を集められるようにします。同社は今後、JR北海道や、事業者、自治体と連携し、地域の魅力を発信する拠点創出の具体的な検討を進めていきます。場所や事業規模、開始時期などの詳細を協議し、事業化に向け準備を進める予定です。
関連リンク
forent株式会社
ExCAMP
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる