• TOP
  • ニュース
  • 乃木坂46の楽曲を使ったTikTok用エフェクト、曲のテーマや齋藤飛鳥卒業への思いを動画で再現 - DXマガジン

ニュース

2023.01.04

乃木坂46の楽曲を使ったTikTok用エフェクト、曲のテーマや齋藤飛鳥卒業への思いを動画で再現

Bytedanceは2022年12月26日、TikTok用のエフェクト「#ここにはない手紙」を発表しました。乃木坂46の楽曲から着想したフォトモーションエフェクトで、利用者はTikTokに楽曲と写真を組み合わせた動画の投稿が可能になります。

 「#ここにはない手紙」はTikTok専用のフォトモーションエフェクト。ユーザーは6枚の写真を選ぶだけで、スライドショーによる動画が自動作成されます。

 最大の特徴は、アイドルグループ「乃木坂46」の楽曲とコラボする点。乃木坂46の31枚目シングル「ここにはないもの」の世界感を映像で再現します。
図1:フォトモーションエフェクト「#ここにはない手紙」...

図1:フォトモーションエフェクト「#ここにはない手紙」は乃木坂46の楽曲「ここにはないもの」の世界観を楽しめる

 フォトモーションエフェクトのテーマは「大切な人へ向けた手紙」。新しい世界へ向き合うという楽曲のテーマとリンクします。乃木坂46の楽曲「ここにはないもの」は、2022年でグループを卒業するメンバーの齋藤飛鳥がセンターを務めるラストシングル。齋藤飛鳥の卒業にちなみ、フォトモーションエフェクトでは大切な人との思い出や感謝の気持ちをTikTokで伝えられるようにしています。

 フォトモーションエフェクトの最後には「To」「From」の欄と余白を用意。感謝を伝えたい相手の名前やメッセージを自由に書き込めるようになっています。大切な人やペットとの思い出を振り返ったり、過去と現在の写真を使った時の流れを写真で表現したりするなど、いろいろな動画を作成できます。

 なお、乃木坂46のTikTok公式アカウントから、フォトモーションエフェクトを使った動画を投稿します。齋藤飛鳥をはじめ、乃木坂46のメンバーからの“感謝の手紙”が投稿されるかもしれません。
 フォトモーションエフェクト「#ここにはない手紙」の使い方は次の通りです。
STEP1: 撮影ボタンをタップ
STEP2: 画面右下の「フォトモーション」から「#ここにはない手紙」を選択
STEP3: カメラロールから写真を6枚選んで投稿
あわせて読みたい編集部オススメ記事
9 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る